« 『てるてるあした』 | トップページ | 映画『非現実の王国 ヘンリー・ダーガーの謎』 »

2008年3月31日 (月)

『四畳半神話大系』

森見登美彦の『四畳半神話大系』(角川文庫)を読む。モリミー節全開の、冴えない大学生のいけてない生活を面白おかしく綴った第一話を普通に堪能した後に、んんん?むむむ?的な驚きがやってきて、なんだなんだといぶかしみつつ読み進み終わった時に、おおおおこんなことに!とまた新たな驚きに満たされる。っつうちょっと変な小説。夜は短しに登場する羽貫さんや樋口師匠はここがルーツだったのね、と嬉しい再会もある。やっぱりモリミーって好きよ。表紙はハードカバー時の方が良かったな。多分あのかわゆらしい熊は「もちぐま」だったのな。ラブ!もちぐま。

|

« 『てるてるあした』 | トップページ | 映画『非現実の王国 ヘンリー・ダーガーの謎』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/40707855

この記事へのトラックバック一覧です: 『四畳半神話大系』:

« 『てるてるあした』 | トップページ | 映画『非現実の王国 ヘンリー・ダーガーの謎』 »