« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

映画『チーム・バチスタの栄光』

そういえば映画『チーム・バチスタの栄光』を観た。そういえば、と言ってるあたりでうすうすおわかりかと思うが、つまんなかった。と言いますか原作のオモシロさには及ばないってところか。しかししをんセンセのエッセイで、「どんな映画に対しても愛を持ち、少しでもいいところを見つけて褒めよ」と故・淀川長治先生が仰っていたっつうのを読んで(しをんセンセはそれで織田裕二の『T.R.Y.』を頑張って褒めるわけだが)、ワタシもそう心掛けようと思った次第です。で、この映画であります。バチスタ手術というものを多分リアルに見ることが出来て理解が深まった。医龍で徹平がよく縫合の練習なんかをしてたけど、それの本番を正に見せてくださったという感じ。あと原作では今ひとつ飲み込めていなかった、犯人が患者を死に至らしめる方法というのがちゃんとわかってすっきりした。...そんなとこかな。それだけか?とにかく中年男性であるところの田口先生を竹内結子にした狙いっつうか良さっつうかがわからない。やたら泣いたりしてうざい。泣きは井川遙にまかせとけよ。おっといかん、ちょっと油断すると文句が。淀川先生すみません。まあそんなチーム・バチスタであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

京都!京都!京都!

Kamogawa昨日の続き。
3泊4日のうち、2泊は京都で過ごしたのだが、
日々是吹雪で寒かった...。
鴨川ビューの部屋から眺める風情のある雪景色、
外に出ると底冷えのする寒さ。
それでもやっぱり京都は好きさ。


Kikubon_2
        菊バカちゃんのお買物。
        今回のヒット作は5連菊ブローチ的なもの。
              古布で作られてます。カワユス!
        「時代裂屋梵」にて購入。(ほかにもたくさん)


Kamochi_2SOU・SOUでは鳥取・金持神社お祓い済のがま口を入手☆
口をあけると金持神社のマークもちゃんとあります。
カッパは金色、おさるは銀色を買ってまたまたお揃い。
(わしら、たまに「双子さんですか?」と聞かれます。
カッパとおさるなのに...全然違う生き物なのに...)
さてこれで金持ちになれるのか?

Gake_hato_2
     行ってみたかった本屋さん「ガケ書房」
     夢中でぼーっとしてしまった。
     ロックでナイスな空間。
     入り口の壁から飛び出したような車に描かれたハトよ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年2月26日 (火)

特別舞踊公演@松竹座

友人カッパと連れ立って、3泊4日で大阪・松竹座へ「特別舞踊公演」を観に行ってきた。もう軽く現実には戻れないほどに、美しいものを見せて頂いた。最近物忘れがひどく、からだもあちこち不調なわたくし故、”冥土の土産”と言うのが大袈裟でなくしっくりとくる気がしている。あーこのまま舞台を観ながら召されてもいいかも、と何度か思う。まあまだ色んなものを観たいので頑張って生きる所存ですが、そんな行き死にまでも考えた舞踊公演であった。演目は「連獅子」と「二人道成寺」のみ。「連獅子」は海老蔵と尾上右近、若々しい獅子の親子でありました。わくわく。しかし何故に右近はあげにうまいか。今後がますます楽しみだね。海老蔵は後半の隈取顔がやっぱりかっちょいい。新七さんの凛々しい後見もグッド(やはりそこか)!「二人道成寺」は玉三郎さんと菊之助。もうすっかりお馴染みの感もあるこのお二人の道成寺だが、初めて観た押戻しに吃驚。これはこれで面白いなあ。道成寺、奥深し。菊も随分大きくなった...としみじみ致しましたが、近くで観ると玉さんのなんというか”奇跡の存在”ぶりに圧倒される。本当にスゴイ方だ。スゴイ力を持った人が上がいるって素晴らしい、と言うカッパの発言に肯く。菊にはもっともっと果てしなく美しく大きくなって頂きたい。応援してます☆

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年2月20日 (水)

『乙女の大阪』

甲斐みのりの『乙女の大阪』(中央公論新社)を買って大阪を鋭意研究中。京都、東京に続く乙女シリーズ第三弾だが、”大阪に乙女なものなんてあるのかよ”と暴言を吐いてしまった失敬な浜っ子を許して☆思いがけずレトロでロマンな大阪の諸々に、静かにときめくわたくしでありました。つうわけで週末は大阪へゴー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

『ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人』

今野敏の『ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人』(講談社文庫)を読む。好きなの?今野敏。なんとなくおじさんたちに受けてそうな匂いがする...ワタシはオヤジ趣味なのか?と若干の危惧を抱きつつのシリーズ第二弾。相変わらずアニメキャラのようなSTゴレンジャーがそれぞれの能力を活かして事件を解決に導く。人気女子アナやあやしげな自己啓発セミナーなんかのアイテムにもいかにも感があるのに、なんだかんだ読まされてしまいます。イージーだな。ヤキがまわったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

『扉は閉ざされたまま』

石持浅海の『扉は閉ざされたまま』(祥伝社文庫)を読む。成城のペンションに集まった大学時代のサークル仲間7人。冒頭、ある人物が仲間の一人を殺害し、完璧と思われる密室を作る。自殺説も浮上する中、疑問を唱える人物が一人...。読んでいるうちに自然と犯人の気持ちに同化してしまい、いつばれるかとハラハラし通し。何でオレがこんなに焦っているのだ...と時々我に返るも、探偵役の奴がこれまたアタマはキレるが可愛げがなくてねー。シャクなんでつい犯人に肩入れしそうに。しかしやっぱり動機の部分で全く理解できないのであった。石持作品にはありがちなすっきりしなさ加減かも。それでも読んじゃうんだよなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

『相棒』

五十嵐貴久の『相棒』(PHP)を読む。坂本龍馬が新撰組の土方歳三とコンビを組んだ!という新聞広告を見て、即買いを決心したもの。大政奉還直前に起こった将軍暗殺未遂事件の下手人を探れとお上から命じられ、しぶしぶ二人で行動することになった龍馬と土方っつう、この設定だけでわたくしなどはわっくわくしてしまい半分は成功したようなものだが、果たして思いつきだけでなく最後まできちんと筋の通ったストーリーなのであった。オールオッケー!である。とにかく立場的には敵対しており、性格も正反対のようにみえて案外似たところもある、この二人のやりとりがちょっと面白い。彼らが当っていく容疑者それぞれの言い分にも説得力があって、じゃあ一体犯人は誰なんだって話になるが、そうかそいつかー!と真相にも納得。ご存知の通り龍馬は暗殺されてまうけれど、その後の土方の動向も見逃せない。んもう惚れ直すくらいにかっちょよかった。幕末大好きのわたくしには充分楽しめた一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

『ほかに誰がいる』

朝倉かすみの『ほかに誰がいる』(幻冬舎文庫)を読む。『そんなはずない』がかなり良かったので、むのすごい期待していたんだけど....。掴みの文章はぐっときた。「あのひとに出会うまで十六年もかかってしまったという気持ちは、後悔に少し似ている」とか。そんなところから始まるひとめぼれ小説。わからなくもないけれど、やっぱり総じてわからん!ていうのが正直な感想か。人をそんなになるまで、そこまで好きになったことがない自分が不幸のような幸せのような、フクザツな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

『光の海』

しをんセンセがブログで絶賛されておった、小玉ユキの『光の海』(小学館フラワーコミックス)を早速買って読む。さすがしをんセンセ、いい趣味だ...と唸る。人魚が割と普通に住んでいる海辺の街を舞台に描いた人魚モノ5篇。絵が可愛くてうまいし、お話も胸にしみいるいい話!ちょっと泣ける。他の作品も絶対さがして読むと決心。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

『かたみ歌』

朱川湊人の『かたみ歌』(新潮文庫)を読む。直木賞作家だが読むの初めて。帯にあった”アカシア商店街に流れる懐かしの「かたみ歌」”の、懐かしい昭和歌謡やフォークのラインナップにぐっときて買ってみたもの。特に「アカシアの雨がやむとき」って好きだったのよねえ...とすっかり懐メロモードですわ。物語の舞台は東京のとある下町、昭和40年代のアカシア商店街。ごく普通の町のように見えるが、そこはちょっと不思議なことが起こる場所でもあった。芥川龍之介に似た古本屋の親爺を狂言回しに、肝が冷える話やほろりとする話、せつない恋、生きている者と死んでいる者が交差しつつ繰り広げられる。そんなに昔じゃない気がするけれど、昭和ってもうすごく遠いのかな。なんとなく鼻の奥がつーんとするような読後である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

『ルピナス探偵団の憂愁』

津原泰水の『ルピナス探偵団の憂愁』(東京創元社)を読む。高校時代にルピナス探偵団として様々な事件を解決?してきた四人組が25歳になった今、悲しい出来事が起こる。そこから時を遡り、四人が遭遇してきた事件を辿る。これから起こることを知ってしまったわしらは、最終話の高校卒業のシーンを涙なしでは読めない。それはいつまでも心に残る、悲しくも美しいいち場面である。単なる推理小説にとどまらない名作、のような気がする。前作の時も思ったが、博識飄々少年の祀島くんは本当に良い!オトナになっても期待を裏切らない、素晴らしい年の取り方をしていた。付き合いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

『エマ(1)~(7)』

病床で読むマンガその2。森薫の『エマ(1)~(7)』(エンターブレイン)を一気読み。19世紀末のロンドン、メイドのエマと名家の長男・ウィリアムとの恋を描いた大作。「英国はひとつだが中にはふたつの国が在るのだよ。すなわち上流階級以上とそうでないもの。このふたつは言葉は通じれど別の国だ」とウィリアムの父親が言うように、まだ身分の差が厳しい時代に生まれた二人の恋の行方は前途多難。好きなだけじゃどうにもならん階級の壁の厚さ・高さがせつなくて時々泣ける。物静かで慎ましいエマが恋ゆえに感情をほとばしらせるところなんてば、立原正秋の小説に登場する女子を髣髴とさせて懐かしく好きな感じ...。物語全体を流れるビクトリア朝の空気も素晴らしく良い。英国偏愛主義のわたくしにとってはこれまたツボであった。8巻以降はサブキャラによる番外編らしいので、それも併せて買いたい所存です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

『本屋の森のあかり(1)(2)』

風邪っぴきでぐったりしつつ、マンガばかり読んでいる寒い日々だ。まずはわたくしのツボをド直球で貫いた、磯谷友紀の『本屋の森のあかり(1)(2)』(講談社コミックスkiss)。書店が舞台のお話で、本好き書店好きめがね男子好きにはこたえられない傑作であります。主人公のあかりは地方店から東京の本店に異動になったばかりの26歳。そこで出会った月300冊読破の東大卒めがね男子の副店長にほんのり恋を...的な話。そんな副店長にわたくしもほんのり、つうかがっつり恋を!でも副店長は本以外に興味がなさそうなとこがまたグッド!まあ恋もいいけど、本に対する愛情溢れる姿勢が大層好いたらしいマンガなのであるよ。今後も期待☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

『空の境界(中)』

奈須きのこの『空の境界(中)』(講談社文庫)やっと読了。何と言いますか、おさるにはムツカシイです。登場人物の一人に”魔法使い”がいるのだが、彼女の言ってることなんてほとんど飲み込めねえ。でもそれなりに読ませる。これちゃんと始末つくのかなあと思いつつ、下巻へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

映画『KIDS』

小池徹平&玉木宏の映画『KIDS』を観る。とにかくもー小池徹平が果てしなく可愛い。これはひたすら徹平くんの天使性?を味わえば良い映画です。目がきらっきらしてて髪の毛がさらっさらで、きっと心もキレイに違いないと思わせるたたずまい。あの子は多分背中に羽根が生えてますね。二時間そんなことばっかし思っていた。しかし徹平くんの母親役が斉藤由貴だったのでガッカリ。なぜってわしと同い年なんですもの...。徹平のおかん世代かっ!!そんなショックを差し引いても楽しめた。乙一なので話もよく出来てます。なるほど、それでこのタイトルなのね、みたいな。まあオープニングの曲とか相当ベタだったし、他にもなんでその撮り方?ってとこもあったし、映画としてはどうなんだか微妙だけど、小池徹平好きなら是非。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

『隠蔽捜査』

今野敏の『隠蔽捜査』(新潮文庫)を読む。主人公の竜崎伸也は警察庁長官官房でマスコミ対策を担うキャリア。最初、「東大以外は大学ではない」「我々国家公務員は普通の国民じゃない、エリートだ」等々鼻持ちならない発言に普通の国民であるわしらはドン引き必須なのだが、読んでいくうちにこの方は特権階級にあぐらをかいて威張るだけの何もしないエリートとは違う!っつうことがわかってくる。選ばれた人間は権限もあるがいざと言う時は真っ先に死ぬ覚悟で国を守らなくてはならない、と本気で考え、実行する人間なのだ。しばしば”変人”と称される竜崎であるが、その姿勢はまっとうで清々しい。こんな官僚がいたらもっと日本は良くなるだろうに...としみじみ思う。嗚呼これは警察小説という名のファンタジーなのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 3日 (日)

二月大歌舞伎・夜の部

ィヨコハマは結構な積雪!むのすごい格好で友人カッパと二人下山して歌舞伎座へ。二月大歌舞伎は初代松本白鸚二十七回忌追善でありますので高麗屋祭的な按配。しかし口上で松緑が出てきて軽く驚く。松本幸四郎さんからすると甥なんですってね(今更)...。やっぱりそーゆうおうちってすごいなーと全部ひらがなで改めて思う。本日は節分なので、口上後に恒例の豆まきがあった。オールスター紋付でとっても有難味。
口上の他は「壽曽我対面」「熊谷陣屋」「春興鏡獅子」。曽我対面では若々しい権一も見られるよん☆熊谷陣屋は自分的にまだまだわかる域に達していません。頑張れ俺。染五郎の鏡獅子は大層な美人さんでしたが、途中で飽きてきちゃうのは何故だ。うまいと思うし、きれいなんですけどね。しかし小さい胡蝶さんたちが出てきてからは俄然面白かった!魅せると言った点では胡蝶に軍配をあげたいっす。ふんとにかわゆらしい。でも染五郎@獅子はかっちょよかったよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

映画『陰日向に咲く』

映画『陰日向に咲く』を観る。岡田くんを大きなスクリーンで観たいだけだったのだが、案外イイ話だったさ~。泣いたさ~。泣きすぎさ~。原作読んでないけど劇団ひとりを密かに見直す。ギャンブルがやめられない借金まみれの青年、母親の青春時代の相方を捜す女子、アキバ系アイドルオタク、悩めるリーマンにホームレスなどなど、普通の人たちの懸命さが胸を打ちます。そこにそう繋がるか!という意外性も良いさじ加減であった。私は緒川たまきが大好きなので、ジュピターさんのあの頑張りに心の中で大拍手。オタクにしてはかっちょいい塚本高史にもきゅううううんとするよ。いやほんとに、案外いいから。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »