« 勝手に豪語したが | トップページ | 『瑠璃の契り』 »

2008年1月12日 (土)

『ST 警視庁科学特捜班』

今野敏の『ST 警視庁科学特捜班』(講談社文庫)を読む。ちょっと変わっているが優秀な科学特捜班・STの面々が、たたき上げの刑事達に疎まれながらもそれぞれの力を発揮して犯人をおいつめるっつう警察エンタテインメント。秩序恐怖症のプロファイラー(←超美青年)や人並みはずれた聴力を持つセクシーおねえちゃん、現職の坊さんまでいて、確信犯的にキャラが濃い。5人の捜査官の名前には色に関係する文字が入っていたりして、ちょっとゴレンジャーな感じ?一冊目なので様子見だけど以降に期待。あと、STは警察官ではなく一般職ということを初めて知った。

|

« 勝手に豪語したが | トップページ | 『瑠璃の契り』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/17663158

この記事へのトラックバック一覧です: 『ST 警視庁科学特捜班』:

« 勝手に豪語したが | トップページ | 『瑠璃の契り』 »