« 『バベル島』 | トップページ | 小町村芝居正月 »

2008年1月26日 (土)

『東洲しゃらくさし』

松井今朝子さんの『東洲しゃらくさし』(PHP文庫)を読む。なるほど、歌舞伎に詳しい松井今朝子さんが描くと、謎の絵師・写楽もこんな風になるわけか。これはこれですんなり飲み込める設定である。上方と江戸の芝居の違いや芝居の世界の裏表など細かい情報満載で、はまれば面白いのだろうけれど私は今ひとつ物語に集中できなかった。ちょっと合わないのかも。でも題材としての写楽ってほんとにわくわくするなあ。今のとこ泡坂妻夫版の写楽の正体が一番印象的かな。

|

« 『バベル島』 | トップページ | 小町村芝居正月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/17839638

この記事へのトラックバック一覧です: 『東洲しゃらくさし』:

« 『バベル島』 | トップページ | 小町村芝居正月 »