« 『ST 警視庁科学特捜班』 | トップページ | 『ジョジョの奇妙な冒険 第三部』 »

2008年1月13日 (日)

『瑠璃の契り』

北森鴻の『瑠璃の契り 旗師・冬狐堂』(文春文庫)を読む。店舗を持たない美術商である旗師の冬狐堂こと宇佐見陶子が、相変わらずの魑魅魍魎な骨董の世界で奮闘する4篇。今回は冬狐堂の身に起こったある事によって老獪な狸の罠にはめられそうになったり、冬狐堂の大切な人がピンチに陥ったりして、全くはらはらし通し。しかしそんな中でも負けるわけにはいかないと、一人しっかりと立つ姿が実にかっちょいい。気ばかり強い女に辟易としている昨今、冬狐堂やカメラマンの硝子さんの真の強さに打たれます。いつまでも読んでいたいシリーズ。

|

« 『ST 警視庁科学特捜班』 | トップページ | 『ジョジョの奇妙な冒険 第三部』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/17674988

この記事へのトラックバック一覧です: 『瑠璃の契り』:

« 『ST 警視庁科学特捜班』 | トップページ | 『ジョジョの奇妙な冒険 第三部』 »