« 『夢の守り人』 | トップページ | 『カッパの飼い方(1)』 »

2008年1月16日 (水)

『ナイチンゲールの沈黙』

海堂尊の『ナイチンゲールの沈黙』(宝島社)を読む。愚痴外来・田口先生と厚生労働省のロジカルモンスター・白鳥コンビ?が活躍する医療ミステリ第二弾は、小児病棟にスポットが当てられる。むのすごい歌声を持つ看護師や難しい病気を背負った子供達、今回は更に癖のある警察官僚もやってきて内容の濃い話になっている。死んでいく辛さも生きていく辛さも諸々あってC'est la vie.などと諸々しんみり考えたりもしたけれど、やはり面白く読めます。海堂センセは医者で小説家なんてほんとにすごいなー(小学生)

|

« 『夢の守り人』 | トップページ | 『カッパの飼い方(1)』 »

コメント

「バチスタ」を貸したら、貸した相手が大ハマリして、「ナイチンゲール」を買って素早く読み、私にまわしてくれました。うはうは!
ただ今借り本を積ん読中ですが、先に読もうかしら・・・

投稿: ぜぶら | 2008年1月16日 (水) 23時26分

ハローぜぶらさん
おお、それは良かったデスね。
私も次がどんどん読みたくなっております。
噂では『ブラックペアン』が面白い!らしいのですが
(全部活字ジャンキー仲間情報)
このままハードカバーで買っちゃいそうだな。
もうすぐバチスタの映画も公開ですね!
やっぱりとりあえず観に行く予定です。

投稿: noppy | 2008年1月17日 (木) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/17719491

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナイチンゲールの沈黙』:

« 『夢の守り人』 | トップページ | 『カッパの飼い方(1)』 »