« 『異邦人』 | トップページ | 勝手に豪語したが »

2008年1月 9日 (水)

映画『魍魎の匣』

今年も邦画ニ非ズンバ映画ニ非ズの気骨で邦画を愛していく所存の邦非映非連活動、新春第一弾は映画『魍魎の匣』。すげえ、見事につまんなかった。原作に思い入れがありすぎるせいかもしれないけど、それを差し引いてもどうにも退屈ー。大金かけてわざわざ限界までつまんなくする新しい道楽だとしたら脱帽。ただ、キャスティングの妙を楽しむにはいいんじゃないかな。マギーの鳥口くんとか良々の和寅とかナイス。関口くんは椎名桔平ではかっちょよすぎるのではないか。何か面白かったけど。クドカンの久保はないな。ねずみ男かっ。あと元自由劇場の大森さんが出てたのがすこぶる嬉しかった。やはり声が良いね。こんなに言ってても続編あったらまた観ちゃうと思う。

|

« 『異邦人』 | トップページ | 勝手に豪語したが »

コメント

noppyさん、こんばんはー。
実はワタクシも今日見てきました。
>すげえ、見事につまんなかった。
えぇ、ほんとに。またやられたってかんじで。
京極堂も榎木津も関口も原作とは微妙(以上)にキャラが違ってしっくりこなかったなぁ。
いろいろと、終始もやもやしながら見てました。
まぁ、作者も小説と映画は別物と言ってますから、そういう心構えで見たつもりなんだけど。でもなー。
と言いつつワタクシも続編見ちゃいますね。また堤真一&阿部寛&椎名桔平が出ちゃうならなおさらに。3人とも好きなんでー。

投稿: うさ吉 | 2008年1月10日 (木) 00時02分

ハローうさ吉さん
おお、ご覧になりましたか。
いや~やられましたねえ。
仰る通り、小説と映画は別物ってわかっちゃいるけど
それにしても....でしたね。
姑獲鳥の時の関口(永瀬くん)のほうがサルっぽくて、
より情けなさが出てたかも。
でも今回の三人はやっぱり私も好き☆なので、
映画の出来に関わらずやっぱり観ちゃいますね。うふふ

投稿: noppy | 2008年1月10日 (木) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『魍魎の匣』:

« 『異邦人』 | トップページ | 勝手に豪語したが »