« 『最後の願い』 | トップページ | 『誰か』 »

2007年12月12日 (水)

映画『椿三十郎』

森田芳光監督の映画『椿三十郎』を観る。黒澤版は有名なラストシーンしか知らないし(そもそも黒澤映画ってちゃんと観たことがないかも)、単にトヨエツ目当ての不埒な輩ですみませんが、おもしろかったー。よく出来た話だー。時代劇ってやっぱり大好き。とにかく侍(エキストラ的な)が沢山・みっしり・出てきたのが素晴らしい。贅沢な侍遣いにぐっときた。織田裕二の役はかっちょよすぎるな...。織田裕二はあまり好きじゃないんだよ(青島刑事は別)。でもこの年頃で他に誰が椿三十郎を?と検索するとあまり見つからない気もするので適役なのかしら。”抜き身の剣”的な、骨太でギラギラした男子が不足している昨今であることよのう。9人のおポンチ侍は一所懸命でおばかさんでキュート☆それに負けず劣らず、佐々木蔵之介がキュート☆つうわけで、やはり黒澤版も観てみたいと思いました。

|

« 『最後の願い』 | トップページ | 『誰か』 »

コメント

ほ~んと、これぞ時代劇!の楽しさいっぱいの作品でしたね♪
黒澤映画といえば、あまり有名じゃないけど「隠し砦の三悪人」を探して見てくださいな。
スターウォーズの基になった作品です。
昔の映画はまず、タイトルがジャジャーン!と出る!これが良いわぁ。
この手法はスターウォーズでも活きていますよね~世界的に認められてるんだわ。
「岡目八目」・・・まったくです。

投稿: 恵美 | 2007年12月15日 (土) 00時11分

ハロー恵美さま
黒澤映画って暗そう。と勝手に思いこんでましたよ...
こんなにすっとぼけたお笑い満載だとは。吃驚しました。
「隠し砦の三悪人」はリメイクされるらしいですね。(松潤、長澤まさみ)
黒澤映画にはまりそう!?
確かにタイトルがまずジャジャーン!と出ると高揚しますね!うふふ
やっぱり元をちゃんと観なくちゃ、と思いました。
世界のクロサワって言われるわけですねえ。

投稿: noppy | 2007年12月15日 (土) 10時39分

こんばんは
織田っちはアタシには無駄に眩しすぎて、うーんと思っていたけれど、面白そうですねえ。みにいこかな。最近邦画が充実していて嬉しい限りです。

投稿: ぜぶら | 2007年12月15日 (土) 18時58分

ハローぜぶらさん
織田裕二苦手でも、補って余りあるので案外お薦め☆
まあちょっと織田裕二には良い役過ぎて悔しい感はあるんだけど...
邦画充実、ほんとに楽しいっすね。
ワタシも毎週、何を見ようかなーってうきうきしています。
(レディースデーのみの観客)
次は京極堂かなー。うふうふ

投稿: noppy | 2007年12月15日 (土) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『椿三十郎』:

« 『最後の願い』 | トップページ | 『誰か』 »