« まだまだ読まないと! | トップページ | 映画『椿三十郎』 »

2007年12月10日 (月)

『最後の願い』

光原百合の『最後の願い』(光文社文庫)を読む。劇団を立ち上げようとする青年・度会恭平が、スタッフや役者を集める過程で出会う事件や不思議な出来事の謎を仲間とともに解く、みたいな連作短編集。時々作者のセンスそのものにこそばゆさを感じるところもあったけど、ひと癖もふた癖もある若い野田秀樹みたいな度会恭平が結構好みだったし、劇団話は無条件に好きなので私は楽しめた。

|

« まだまだ読まないと! | トップページ | 映画『椿三十郎』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/17332543

この記事へのトラックバック一覧です: 『最後の願い』:

« まだまだ読まないと! | トップページ | 映画『椿三十郎』 »