« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

おさる的2007年邦画ベスト5

今年は個人的に邦非映非連活動に力を入れた一年であった。どんどん一人上手になっていくおさるである。数えてみたら30本ほど観てたので、ベスト5くらい選んでみようかなーと思い立った大晦日。連れ合いは床にワックスをかけているところです。最後まで役立たずです。

*おさる的2007年邦画ベスト5*

 ・「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」
 ・「キサラギ」
 ・「怪談」
 ・「クローズZERO」
 ・「転々」

*ベスト洋画
 ・「ラブソングができるまで」

*ラジー賞
 ・「蟲師」

観た順。「腑抜けども」は決して好きな映画ではないけどインパクトの強さ?反芻した時に妙に残っていた1本。「キサラギ」はとにかく面白かった~。過不足なしのストーリーは今年一番面白かったんじゃないか。小栗旬目当てで行ったケド、意外な拾いものであった。「怪談」は何がどうあっても菊之助主演だから☆今年二度観た映画はこれだけ。ホラーじゃなければDVDも買ったものを...。「クローズZERO」も小栗旬目当て。でも男子高校生祭でおなか一杯。山田孝之をも見直した。「転々」は「図鑑に載ってない虫」よりも力が入ってない感じが好き。変さ加減は充分の三木聡ワールドだったけど、ほろっとしてグッド。
洋画は4本しか見てないのですが、今年はヒュー様映画があったので有無を言わさず「ラブソングができるまで」に決定。ヒュー様ラブ。「ミス・ポター」も良かったですけどね。
「蟲師」は...つまんなかったので。オダジョーのバカ(やつあたり)。

ほな良いお年を。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年12月30日 (日)

『香菜里屋を知っていますか』

北森鴻の『香菜里屋を知っていますか』(講談社)を読む。三軒茶屋のビアバー《香菜里屋》シリーズ完結篇に敬意を表してハードカバーを買った。よよよ。終わっちまったよ~。フィナーレに相応しい豪華キャスト集合も、寂しい気持ちを止められず。しかして最後まで全力で料理は美味そう!謎解きと美味しい料理とうまい酒、こんな贅沢を今まで本当に有難う。嗚呼香菜里屋よ、工藤哲也よフォーエバー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

『ファイブ』

平山譲の『ファイブ』(幻冬舎文庫)を読む。リストラされた選手ばかりを集めたバスケットボールチーム・アイシンシーホースの物語。わたくしにとってはマンガ『ファイブ』でお馴染みだが、この正月にNHKでもドラマ化されると言う。いやー泣いたぜ!ミスターバスケットボールと呼ばれた佐古賢一をはじめとして、ちいちゃいけれど誰よりもアツいもう一人のポイントガード・佐藤信長、日本人初のプロバスケットボールプレイヤーとして有名だった外山英明(ちなみにおさるの大学の同窓生・会ったことはなーい)など、親会社の都合でリストラされたりバスケから離れたりしながらも、鈴木コーチの元でもう一度バスケができる喜びを噛み締めながらコートに立つおじさんたち。その姿は眩しいくらいにかっちょいい!しかし日本におけるバスケットボールというスポーツはなんであんなに冷遇されているのだろうか。部活人口はあんなに多いのになあ。バスケをどげんかせんといかん、と思ってくれる大企業とか金持ちとかいないっすかね。今なら五十嵐圭っつう逸材もいることだし、バスケをもっともっと盛り上げるチャンスだぜ。とにかく頑張れ!JBL。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

『医龍(1)~(15)』

乃木坂太郎の『医龍(1)~(15)』(小学館ビッグコミックス)をやっと揃えて読む。うーむおもしろす。完全にドラマから入った者ですが、原作読んで良かった。マンガの方が病院内の政治に比重が置かれているのかな。魑魅魍魎っす。大学病院が恐ろしいっす。朝田龍太郎は、諸々の根は深そうだけど表面上は軽くてC調な感じ、全然坂口憲二じゃなくて吃驚。鬼頭先生は男子なのだが夏木マリ様で全く問題なし。と、ついドラマと比べながら楽しく読了。嗚呼しかしまたマンガが増えてもうた...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

『オトメン(乙男)(4)』&『Danza』&『NIWA』

オダジョー結婚か...。久しぶりにえーーーーっ!と声を出してしまった暗いニュースである。いや目出度いっすか。シアワセになってね。なんてちーとも思ってないやさぐれ気分のおさるは、マンガばっかし読んでいる年末じゃ。菅野文の『オトメン(乙男)(4)』(白泉社)、新キャラのフラワー男子登場。相変わらずキュートですが、高校生のキラキラ感がいい加減眩しくなってきた(今更)。オノ・ナツメ『Danza』(講談社モーニングKC)、スタイリッシュな絵とちょっぴり苦くてあたたかい短編集。良い。アート系に強い友人に借りた横山裕一の『NIWA』(イースト・プレス)はマンガではありませんね。多分アートの一種ね。むのすごい想像力。わけわからん。本棚のくだりは好き。
あーなんかいいことねえかなあ!叫びたくもなるちゅうねん。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

『大奥 第三巻』&『きのう何食べた?(1)』

よしながふみ祭!『大奥 第三巻』(白泉社)は一年ぶりの新刊...ううむ、やはり読ませるぞ。有功さま素敵☆ってこと以外に、なんつうかどおおおおんとくるぞ。しかしこれも一年に一冊なのであろうか。読んだばっかしだけど待ち遠しいなあ。お江戸からがらっと変わって『きのう何食べた?(1)』(講談社モーニングKC)、こちらは同居する弁護士と美容師のカップル(←ゲイ)のお話。毎回、弁護士のシロさんが腕によりをかけ旬の食材でご飯を作るのがメイン。食費を賢く切り詰めつつも栄養のバランスはうまくとれていて、何よりふんとに美味しそう。男の料理!っていうよりも割と主婦感覚なところが親しみやすい。確かに自分でも作ってみたくなる。つうわけでおすすめしてくださったぜぶらさんアリガトウ。こちらも次が楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

『愚か者死すべし』

日本のハードボイルド作家トップ3と勝手に思っている原尞(ちなみにあと二人は矢作俊彦と樋口有介)の『愚か者死すべし』(ハヤカワ文庫)を読む。実に9年ぶりの探偵・沢崎シリーズ新刊。銀行強盗を自首した父親の無実を証明して欲しいという依頼がきっかけで関わった事件が、思いも寄らぬ方向へ動き出すっつうかなり凝ったストーリー。頑固とも言える独自の行動規範で事をややこしくしながらも、じわじわと真相へ近づいていく沢崎、やっぱりかっちょいい~。しかし思い込みかも知れんが、携帯電話ってハードボイルドの情緒をぶっ壊す気がする。何つうか、あの世界には似合わないのな。その点沢崎は携帯電話を使えないという設定で、そんなところも実にグッド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

十二月大歌舞伎・夜の部

十二月大歌舞伎・夜の部を観に行く。なんと今日は寝るところなし!威張るな!でも「寺子屋」なのに起きていた自分を褒めてあげたい。いや、役者を褒めよう。たまには大枚払うものですなあ。各々の立場の辛さ悲しさやるせなさが大層わかりやすく伝わってきた。でもやっぱりあまりに非道な話じゃ。ちゃんと通しで観ればしかるべき理由がしっかり飲み込めるのかもしれないが...。「ふるあめりかに袖はぬらさじ」、玉三郎さんがすごかった!あのしゃべり、とぼけぶり、すっと人の懐に入ってしまう不思議な魅力、絶妙な間、んもうめっさ面白い~。玉さんでこんなに笑ったのって初めてかも。綺麗なだけじゃないなんて、本当に果てしない才能をお持ちの方だ。話は長いのにちーとも飽きなかったよ。つうわけで今年はこれにて歌舞伎観劇納め。皆さん有難う。歌舞伎のおかげで今年も辛い浮世の荒波を乗り越えられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

『かぶく者(1)(2)』

デビッド・宮原&たなか亜希夫の『かぶく者(1)(2)』(講談社モーニングKC)をタイトル買い。梨園の御曹司・仲村宗太郎と、一般ピープル出で天才肌の名題下・市坂新九郎。歌舞伎版「ガラスの仮面」すか?的な、まるっとわかりやすい対比の人物設定につかみはオッケー!ご見物をかぶくのはどっちだ!でもまだまだ話は始まったばかり...両者ともにあまり好いたらしい男子ではないが、どっちもアクが強く方向性は違っても何かとギラギラしていて目が離せない。んなバカな、ってところもあるけど、かなり本気で歌舞伎を描いていると思う。絵も魅せる。御曹司が楽屋で鏡台に蹴りを入れて鏡を割る場面で誰ぞを思い出したりしながらどっぷり堪能。若者はこのマンガをモーニングで読んだら、歌舞伎座へ行くといいよ。つうわけで明日は寺子屋だー。寝るな!おさる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『おまけのこ』

畠中恵の『おまけのこ』(新潮文庫)を読む。しゃばけシリーズ第四弾。もうすっかり磐石の感がありますな。帯は谷原章介の写真入!解説も!なかなかどうして、解説はワタシの文章よりもずっとうまいです。思わぬ敗北にフクザツな気分になりつつ、とりあえず鳴家ストラップをねらうぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年12月19日 (水)

『朱夏』

今野敏の『朱夏 警視庁強行犯係・樋口顕』(新潮文庫)を読む。周りに気を遣いつつそんな自分に自信がない、常に自問自答の悩める刑事・樋口シリーズ第二弾は、樋口の妻の失踪事件。前回に比べるとやや小粒な感じだが、この謙虚な刑事さんの活躍には何か惹かれるものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

『ジョジョの奇妙な冒険 第一部、第二部』

祝・20周年!つうわけで、ついにジョジョに手を出してもうた。荒木飛呂彦の『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社文庫)、まずは第一部「ファントム・ブラッド」と第二部「戦闘潮流」の1~7巻を一気読み...つ、つかれた。石仮面が作り出す不死身の生物と戦うジョースター家の壮大なるサーガ。とにかく戦闘また戦闘。男子が好きそう。忙しい師走にこんなことをしてる場合じゃないが、とりあえずスタンドが出てくる第三部を読むのが楽しみ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

『オレたちバブル入行組』

池井戸潤の『オレたちバブル入行組』(文春文庫)を読む。銀行に入れば一生安泰と信じられていたバブル絶頂期に入行した半沢は、現在大阪西支店融資課長。夢多き新人の頃からは時代も状況も大きく変わってしまった中間管理職に最大のピンチが訪れる。手柄は上司のもの、ミスは部下のせい、的な支店長の下で全ての責任を押し付けられそうになった半沢に未来はあるのか?主人公半沢は89年入社で、ワタシが就職したのも同じ年。まあ同期ね。バブル期入社は超売り手市場だった為か使えない社員が多いとよく言われたものだが、半沢氏は頑張ってはるよ。なかなか気骨のある男子で、銀行にあるまじき上司へのたてつきぶりは誠に溜飲が下がる。池井戸潤の小説ではよくある感じの話だったけどとっても楽しめた。ワタシはあの時代の波に乗れず就活に失敗したダメ人間なのでよくわからないのですが、所謂”拘束”とかの様子が興味深かった。あと某証券会社の内定を断るとカツどんを頭からかけられるっていう都市伝説をよく聞いたのを思い出した。懐かしいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

『生き地獄天国』

雨宮処凛の『生き地獄天国』(ちくま文庫)を読む。むのすごい自伝。イジメ体験、バンギャル、リスカ、人形作家へ弟子入り、オウム信者との交流、右翼活動、愛国パンクバンド、北朝鮮、イラク、右翼脱退となんかもう振り子の幅が広すぎる。いちいち激しい。が、最初こそ負のオーラが強すぎてもうこれ以上読めない!と思ったけど、なんだかよくわからないパワーに引きずられて最後までやめられず。とにかく洗脳されやすい気がするし、それは違うんじゃないかなーって思うこともあるけれど、世の中の行き辛さをそのまま受け入れて諦めるんじゃなく、考えて行動するという点には感心する。簡単には出来ないことだと思う。言ってるだけの奴って多いからな(俺もだがな)。こんな人が政治家になってもいいんじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

『誰か』

宮部みゆきの『誰か』(文春文庫)を読む。事故死した運転手の娘達の依頼で、彼の過去を調査する今多コンツェルン広報室の杉村三郎がたどりついた真実とは。宮部さんの現代物を読むのは久しぶり。そして磐石のオモシロさにベストセラー作家の実力をこれまた久しぶりに思い知る。やっぱりハズレないなあ。夢中で読みました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

映画『椿三十郎』

森田芳光監督の映画『椿三十郎』を観る。黒澤版は有名なラストシーンしか知らないし(そもそも黒澤映画ってちゃんと観たことがないかも)、単にトヨエツ目当ての不埒な輩ですみませんが、おもしろかったー。よく出来た話だー。時代劇ってやっぱり大好き。とにかく侍(エキストラ的な)が沢山・みっしり・出てきたのが素晴らしい。贅沢な侍遣いにぐっときた。織田裕二の役はかっちょよすぎるな...。織田裕二はあまり好きじゃないんだよ(青島刑事は別)。でもこの年頃で他に誰が椿三十郎を?と検索するとあまり見つからない気もするので適役なのかしら。”抜き身の剣”的な、骨太でギラギラした男子が不足している昨今であることよのう。9人のおポンチ侍は一所懸命でおばかさんでキュート☆それに負けず劣らず、佐々木蔵之介がキュート☆つうわけで、やはり黒澤版も観てみたいと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

『最後の願い』

光原百合の『最後の願い』(光文社文庫)を読む。劇団を立ち上げようとする青年・度会恭平が、スタッフや役者を集める過程で出会う事件や不思議な出来事の謎を仲間とともに解く、みたいな連作短編集。時々作者のセンスそのものにこそばゆさを感じるところもあったけど、ひと癖もふた癖もある若い野田秀樹みたいな度会恭平が結構好みだったし、劇団話は無条件に好きなので私は楽しめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

まだまだ読まないと!

自分的ベスト本を選出してしまったので、安心して各方面から諸々おすすめされまくっているおさるです。雑誌『ダ・ヴィンチ』の恒例ベストブックオブザイヤー、本の雑誌増刊の『おすすめ文庫王国2007』、そして今年は宝島社の『このマンガがすごい2008』まで購入してしまった。特にマンガのことはほんんんとに不案内なので熟読。文庫王国も何しろオール文庫でおすすめしてくれるのでコスト的に助かり、真剣に熟読。あと書店員匿名座談会はすこぶる面白い!文庫版元を番付するという企画だが、「角川はいつも心の部分に問題がある」「講談社?今年はダメなんだよねえ。いつもダメだけど」「もう筑摩への幻想はなくなった」等々、割と歯に衣着せぬ物言いがふんとに小気味良い。東京創元社への評価が高かったのも嬉しい。出版社はこの座談会を心して読んだ方がいいと思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

2007年版おさる的Best book of the year

今年も勝手にベストブック10冊を選んでみた。一年を総括できるし、あーこんな本もあったなー面白かったなーと自分ではすこぶる楽しいのだが、だから何...という一抹の空しさが残らないでもない。でもやらずにはいられない。それが活字ジャンキーという病なのでしょうか。

おさるの選んだ10冊はこちら → おさるSPECIAL

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『リオ』

警察小説が読みたくなって、今野敏の『リオ 警視庁強行犯係・樋口顕』(新潮文庫)を読む。殺人事件の現場で目撃された美少女は果たして犯人なのか?地道な捜査で犯人を追い詰める刑事たちの物語。主人公の樋口刑事のひととなりが実に興味深い...自分に自信がなく、年中人間関係を気にして自問自答してんの。気ぃ遣いすぎ!謙虚すぎ!でもそんな人物設定も面白い。団塊の世代の尻拭いをしてきた、祭の後の後始末的中途半端な世代(1955年生まれ)独特の考え方というのもあまり聞いたことがなかったので新鮮に感じられた。刑事としては有能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

映画『ミッドナイトイーグル』

なんだかんだで映画『ミッドナイトイーグル』を観る。予告編でほぼ全て。でも言うほど悪くはなかった。大沢たかおが七難隠しているに違いない。小説よりは映画の方が、吹雪の中のビバークとか吹雪の中の銃撃戦とか吹雪の中更に雪崩に巻き込まれとかが辛そうじゃないのが救い...ってそれ、リアリティの観点からすると失敗してるってこと?でもまあいいか、たかおだし。←こんな観客が映画をダメにします。でも自衛隊が出てくるとなんかコーフンするなあ。わし、自衛隊好きなのかなあ。やはり子供の頃毎年のように防衛大の文化祭に行って模擬訓練みたいなのを見ていた刷り込みだろうか。防衛大出にはちーとも見えない自衛官・吉田栄作は武装の為、常時6割くらいしか顔が出てないんだけど、その面積でもかっちょよく思えてしまった。やることいちいちちゃちなんだけどネ☆石黒賢とか藤竜也とか、苦笑のしどころもいっぱい。あと橋爪淳がいつのまにか脱・若殿をされて、すっかり片岡孝夫チック(あえて片岡孝夫)な素敵なおじさまになっていたことに驚いた。説得力ないかもしれんが、ほんと言うほど悪くない映画だって。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年12月 4日 (火)

『臨死!江古田ちゃん(1)(2)』

各方面で話題を呼んでいるらしい、瀧波ユカリの『臨死!江古田ちゃん』(1,2巻/講談社アフタヌーンKC)をやっと読む。表紙だけだと1巻はホラーにしか見えない。でも四コママンガ。そしておもしろす!ちょっぴりせつなくて笑えないのもある...。江古田に住んでる江古田ちゃん24歳フリーター独身ひとり暮らしの生活をあますところなく全見せ!男子ドン引き必須?おうちでは常に全裸でアイドリング中(妄想したりだらだらしたり)。つい彼女もちと寝てしまう。江古田ちゃんの敵は”ぼけぼけしてるようで狙った獲物は決して逃さない”、「猛禽」と呼ばれる女たち。今日もうっかりろくでもない男子をつかまえてしまい、「またつまらぬものを食ってしまった...」とひとり立ち尽くす江古田ちゃんが何だかいとおしい。と思ってしまうわたくしは、やっぱり猛禽よりは江古田ちゃん側の人間なのか。ひーん。江古田ちゃんに幸あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

『ミッドナイトイーグル』

観たい映画に原作がある際は、なるべくそちらを読んでから臨むことにしている文学至上主義者です。そんなわけで大沢たかお絡みで仕方なく(失敬)、高嶋哲夫の『ミッドナイトイーグル』(文春文庫)を読む。心に傷を負った報道カメラマン・西崎は、北アルプスにてある物体を目撃したことから国の平和を揺るがす大事件に巻き込まれる。厳寒の北アルプスで突然戦わざるを得なくなった彼は日本を滅亡の危機から救うことが出来るのか?みたいな話。うーん、なんでこれを映画化しようと思ったんだろう?確かに派手な話かもしんまいけど、話が長い割に全体的に漂う薄っぺら感にちょっと笑っちゃうのよね。何か変。いくらたかおをキャスティングして読んでみても終始引いてしまって、たかおにも申し訳ない気持ちで一杯。まあ悪いのはワタシではないのだが。映画もどうするか悩むところだなー。えらい迷惑だなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

『リアル(7)』&『PLUTO(5)』

新刊マンガ祭~。まずは井上雄彦の『リアル(7)』(集英社)、一年に一冊っつうのを本当になんとかして欲しい。わしが生きているうちに終わるのだろうか...でも読んでしまえば夢中なのでそんな文句も忘れがち。野宮、アツくていい奴よのう。俺の道が見つかりますように。来年は上野の森美術館で「井上雄彦・最後のマンガ展」をやるらしい。最後の?
続いて浦沢直樹の『PLUTO(5)』(小学館)、”ともだち”って誰?的な、20世紀少年を読んでいた頃の気持ちを思い出す。まあこれは原作もあることだし、大風呂敷を広げすぎて畳めないなんてこともないだろうから安心ね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »