« 『龍臥亭幻想』 | トップページ | 『犯人に告ぐ』 »

2007年10月21日 (日)

『パンドラ’S ボックス』

北森鴻の『パンドラ’S ボックス』(光文社文庫)を読む。デビュー作を含む初期の短編と、北森鴻が作家になるまでなどを綴ったエッセイを交互に掲載。短編は色んなタイプのものがあり楽しい。特に時代物が味わい深い。読んでみて自分でも軽いオドロキだったのは、北森鴻の私生活にはあまり興味がないなあってことだった。作品は大好きだけどね。

|

« 『龍臥亭幻想』 | トップページ | 『犯人に告ぐ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/16833177

この記事へのトラックバック一覧です: 『パンドラ’S ボックス』:

« 『龍臥亭幻想』 | トップページ | 『犯人に告ぐ』 »