« 『背の眼』 | トップページ | 『いつまでもデブと思うなよ』 »

2007年10月29日 (月)

『雨の匂い』

樋口有介の『雨の匂い』(中公文庫)を読む。ほろにが青春ミステリの名手による、あまりに苦すぎる一冊。感情を外に表さない人は危険だな、としみじみ思う。会話は相変わらず洒脱で軽い感じなのだが、話はかなりひんやりするものであった。草平くんが恋しいです。

|

« 『背の眼』 | トップページ | 『いつまでもデブと思うなよ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/16915289

この記事へのトラックバック一覧です: 『雨の匂い』:

« 『背の眼』 | トップページ | 『いつまでもデブと思うなよ』 »