« 『オトメン(乙男)(3)』&『ファイブ(4)』 | トップページ | そしてみんな巻き添え...♪ »

2007年10月 1日 (月)

『家、家にあらず』

松井今朝子さんの『家、家にあらず』(集英社文庫)を読む。北町奉行同心の娘・瑞江が、自身も御年寄職を務める遠縁の叔母の勧めで大名の奥御殿へ奉公に上がる。女ばかりの奥御殿で起こる事件の数々に巻き込まれながら、女子としての生きざまを考える瑞江...っつうおんなおんなした空気が何とも言えない時代物ミステリ。読み終わるのに一週間くらいかかってしまった。なかなかにオドロキの展開だったのだが、ちっとも乗れなかったのは何故だ。あと、大奥じゃないけどこの手の話にはつい浅野ゆう子をキャスティングしてしまうね☆

|

« 『オトメン(乙男)(3)』&『ファイブ(4)』 | トップページ | そしてみんな巻き添え...♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『家、家にあらず』:

« 『オトメン(乙男)(3)』&『ファイブ(4)』 | トップページ | そしてみんな巻き添え...♪ »