« 名古屋遠征 | トップページ | 映画『自虐の詩』 »

2007年10月12日 (金)

『自虐の詩』

業田良家の『自虐の詩』(上下巻・竹書房文庫)を読む。堤幸彦監督で映画化の為、予習。名前に反してひじょおおおに幸薄い幸江さんと、何かとちゃぶ台をひっくり返す内縁の夫・イサオの、愛の?日々を描く4コマ漫画である。働かずにパチンコ麻雀競馬三昧、四六時中酒を飲んでは暴れるイサオに、何度騙されても裏切られても蹴られても殴られてもとにかくついていく幸江さんのぞっこんぶりが、何だかいとおしくなってくるから不思議です。あまりの不幸なその半生に笑っちゃいながら、時々しんみりしながら、最後にたどり着いた何故か感動のフィナーレに吃驚!なんなんだこの漫画...普通に感動して泣いちゃったよ。ええ話よ。

|

« 名古屋遠征 | トップページ | 映画『自虐の詩』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『自虐の詩』:

« 名古屋遠征 | トップページ | 映画『自虐の詩』 »