« 『キラレ×キラレ』 | トップページ | 『コーヒーもう一杯Ⅰ』 »

2007年9月 9日 (日)

『雨恋』

松尾由美の『雨恋』(新潮文庫)を読む。「ラスト1ページ、涙が止まらない。」と帯にあったが、わたくしは1センチも泣けなかったことをとりあえず報告しておく。雨の日だけマンションに現れる幽霊の願いをかなえるべく、彼女の死の真相を探ることになった渉。関係者に話を聞くにつれ、少しずつ近付いていく二人...みたいな話。展開は確かに興味をひくが泣けはしないな。人物に(幽霊含む)あんまり魅力を感じなかったからか。ちなみに解説でトヨザキ社長は絶賛してました。

|

« 『キラレ×キラレ』 | トップページ | 『コーヒーもう一杯Ⅰ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/16397908

この記事へのトラックバック一覧です: 『雨恋』:

« 『キラレ×キラレ』 | トップページ | 『コーヒーもう一杯Ⅰ』 »