« 『GENTE①』 | トップページ | 『センティメンタル・ブルー』 »

2007年9月 2日 (日)

『箸の上げ下ろし』

酒井順子さんによる食に関するエッセイ『箸の上げ下ろし』(新潮文庫)を読む。同い年だからかもしんまいけど、読んでいて「わかるわかるすごーくわかる」と思わず口に出して言っちゃう逸話多し。学食の孤独感とか、冷蔵庫のマグネットとか、社員食堂で食べる時のあの独特の気分とか、芝居見物と過食の関係とか。意識しなければ気付かないが言われてみれば確かにそう!とうなずく類の事柄を、読みやすくて誰にでも書けそうでも実際書いたところでこんなにうまいこと書けないに違いない的な文章で綴れる酒井順子って、案外スゴイぜと思うのであった。

|

« 『GENTE①』 | トップページ | 『センティメンタル・ブルー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/16324644

この記事へのトラックバック一覧です: 『箸の上げ下ろし』:

« 『GENTE①』 | トップページ | 『センティメンタル・ブルー』 »