« パンダに罪はないが | トップページ | 『天使の歌声』 »

2007年8月 6日 (月)

『月と菓子パン』

石田千の『月と菓子パン』(新潮文庫)を読む。ほとんど何も起こらないのに、日々の普通がこんなにも彩りに満ちていることに驚かされるエッセイ。お若い(と言っても良いでしょう)のに、言葉の趣味がしみじみいいなあと思う。「塩からい色気が出てきた」猫、「律儀な味がする」とうふ、「黄色い軍艦のようなきっちりとしたかたち」のオムライス...。唐突のようにも思える文末が妙に余韻を残すのも素敵。いっぺんで気に入った。世の中まだまだ広いです。

|

« パンダに罪はないが | トップページ | 『天使の歌声』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/16026449

この記事へのトラックバック一覧です: 『月と菓子パン』:

« パンダに罪はないが | トップページ | 『天使の歌声』 »