« 『働きマン(4)』 | トップページ | 『逃亡くそたわけ』 »

2007年8月25日 (土)

稚魚の会・歌舞伎会合同公演

国立劇場へ第13回稚魚の会・歌舞伎会合同公演を観に行く。今年はC班のみの観劇。まずは『今様須磨の写絵』、須磨に流された在原業平&現地の海女姉妹が踊る前半はおさるにはやや退屈で、見どころは後見の京珠くんくらいか。わたくしの中ではポスト翔太は京珠くんに決まりです。可憐でお行儀が良さそうなところが流石の京屋さん☆後半はいよいよ船頭・新七さん登場!敵役!顔赤いー!しかも手足の先まで何か着てるー。せめて脚を見して...とかヨコシマな客(俺様)は勝手に思うわけだが、それはともかく新七さんめっさかっちょいいー。んもう普通にうまい。かる~くうまい。見得も沢山、おなかいっぱい。満腹になったからか、次の『勧進帳』ではやはり睡魔が。ちょっとしか起きていられなかった中での感想は(すみません)、梅秋の番卒がきりっとしていて声も良くて目立った。梅秋、何者?といつも思う。成田屋さんのお弟子さんたちは頑張ってはったなあ。でも勧進帳ってやっぱりムツカシイんだなあとしみじみ感じた。左字郎義経もなかなか上品。左團次さんも観にいらしてたよ。白のジャケットで、親分自らみかじめ料の取り立てといった風情で素敵でした☆
C班終演後、今回やっとお会いできた名古屋からの同好の士とともに近くのホテルのラウンジでお茶(つうかビール)、楽しいお話を伺い再会を誓いつつ、カッパとおさるは神楽坂へ。水炊きが食べたかったのだがあいにく鶏肉ソールドアウト!しかし板さんおまかせ2000円コースはソーグッド。稚魚の会が終わるともう夏も終りネ、なんて話しつつ神楽坂の夜はふけていくのであった。

|

« 『働きマン(4)』 | トップページ | 『逃亡くそたわけ』 »

コメント

普通にうまい。っていうNoppyの感想をきいて、うまいこというなと思ったわ。勉強会とかの域でなく、普通にうまかったものね。 いいほめ言葉だなぁと思ったわ。

そして、また揚げ物&ビールだったね。会うたび油まみれだね。そして毎回 美味ね。 今日半月ぶりにはいたパンツがきつくて驚いたわ。

投稿: かいちょ | 2007年8月25日 (土) 23時24分

C班の乗合船では、芸者だった京珠くん♪
芸者ってほど粋な感じじゃなかったあたりが、かわいいというか清潔感でした。
舞妓はぁぁん?
A班では京屋の姉弟子・京三郎さんがもぉ~、粋というのかツンとして良かったわ。
ちょっと京屋にひかれかけてる自分です。

投稿: 恵美 | 2007年8月25日 (土) 23時39分

>ハローかいちょ
いや~今年の夏も終わったねえ。
惜しむらくは、普通に手足も見せて欲しかった(まだ言ってる)
そういえば今回つけ打ちさんもかっちょ良かったな。
日々是発見だな(何の?)。
来年も夏は稚魚で締めたいです。
それと揚げ物&ビールで!それはいつもかっ。


>ハロー恵美さま
京珠くんは確かに清潔!その辺が魔性の翔太とは違うのね。
今後どのようにヨゴレていくかが楽しみですな。ふふふ...
京三郎さんは去年「願絲縁苧環」をやっていて、
とっても良かった覚えがあります。
京屋も要チェック!ですね☆嗚呼忙しい。
というわけで諸々楽しゅう御座いました。
アリガトウございました。

投稿: noppy | 2007年8月26日 (日) 05時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稚魚の会・歌舞伎会合同公演:

« 『働きマン(4)』 | トップページ | 『逃亡くそたわけ』 »