« 映画『舞妓Haaaan!!』 | トップページ | 本棚カオス »

2007年7月27日 (金)

『おちおち死んでられまへん』

福本清三&聞き書きby小田豊二の『おちおち死んでられまへん 斬られ役ハリウッドへ行く』(集英社文庫)を読む。時代劇で誰しもが一度は見たことがあるに違いない、日本を代表する大部屋俳優・福本清三さんが、定年を目前にしてハリウッド進出!映画『ラストサムライ』における”サイレント・サムライ”役の、文字通り寡黙で筋の通った侍ぶりも記憶に新しい福ちゃんでありますが、謙虚で腰の低い姿勢は全く変わらず。時代劇を愛し、目の前の仕事を感謝とともにやり遂げる。”恥をかくけれど、欲をかくこともなく、暮らしは貧しくても心豊かに、自分にいつまでも素直な気持ちで生きていこうと思っていますわ”という福ちゃんの言葉が静かに胸を打ち、いつまでも忘れられず。欲を言えばもう少し『ラストサムライ』話を聞きたかった気もするが、色々と制約があるのやもしれないな。とにかく福ちゃんにはできる限り長く、元気で斬られ続けて頂きたいと切に願います。

|

« 映画『舞妓Haaaan!!』 | トップページ | 本棚カオス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/15912669

この記事へのトラックバック一覧です: 『おちおち死んでられまへん』:

« 映画『舞妓Haaaan!!』 | トップページ | 本棚カオス »