« 『蛇行する川のほとり』 | トップページ | 『ダンス・ダンス・ダンス』は何度も読む »

2007年7月13日 (金)

『ありのすさび』

佐藤正午の『ありのすさび』(光文社文庫)を読む。長崎は佐世保に住む小説家のやさぐれたアリのような毎日を描いた随筆集、とタイトルから勝手に推理してみたが、当然ながら”ありのすさび”とはやさぐれたアリとは全く関係なく、本当の意味はなかなかに深かった。確かに青年どもにこの心境はわかるまい、と思う素敵なタイトルね。作ってあげると女子が絶対にとりこになり、その男から離れられなくなるというスパゲッティのレシピが載っていて非常にそそられた。今までワタシが食べていたスパゲッティは一体何だったんだ?と思うような一品だって。用心しなくちゃいけないのは作り方を教えないことだそうだ。自分で作って食べちゃうから...って作り方書いちゃってるよ。だめじゃん佐藤正午。でも作ってみたらとても美味しかったです。自分で自分のとりこになりそうです?

|

« 『蛇行する川のほとり』 | トップページ | 『ダンス・ダンス・ダンス』は何度も読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/15748216

この記事へのトラックバック一覧です: 『ありのすさび』:

« 『蛇行する川のほとり』 | トップページ | 『ダンス・ダンス・ダンス』は何度も読む »