« 『菊五郎の色気』 | トップページ | 『真夜中の五分前 side-A』 »

2007年7月 1日 (日)

『ルピナス探偵団の当惑』

津原泰水の『ルピナス探偵団の当惑』(創元推理文庫)を読む。津原泰水の幻想小説が大好きなのだが、著者がデビュー当時にティーンエイジャー向けに書いたという本作もぜし読んでみたいと思っていたので東京創元社に感謝。ルピナス学園高等部に通う吾魚彩子とその友人達が、刑事である彩子の姉が持ち込む事件などを解くミステリ。強烈な姉と彼女に振り回される妹、ちょっと天然な美少女に少年のようなショートカットの毒舌少女、そして博識で飄々とした男子など、ありがちのようだがそれぞれ魅力的なキャラがすこぶる良い。特に博識飄々少年の祀島くんがべらぼうに良い。こんな男子と付き合いたかったと悔しくなる程に...。ミステリとしてもかなり本格的で、少女小説出身者の底力?を改めて感じます。嗚呼もっと彼らの話が読みたい!というわたくしの願いは、今秋にも叶えられそうで嬉しいぞ。ハードカバーだけど買うね。

|

« 『菊五郎の色気』 | トップページ | 『真夜中の五分前 side-A』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/15609525

この記事へのトラックバック一覧です: 『ルピナス探偵団の当惑』:

« 『菊五郎の色気』 | トップページ | 『真夜中の五分前 side-A』 »