« 落語を聞きに、金田中 | トップページ | 『葉桜の季節に君を想うということ』 »

2007年5月21日 (月)

『オトメン(乙男)』

菅野文の『オトメン(乙男)』(1,2巻/白泉社)を読む。剣道の腕前は全国一、柔道・空手の有段者、クールでストイックな男らしさの権化とも言うべき男子高校生・正宗飛鳥。完璧な男の中の男、しかしてその実態は...可愛いくてラブリーなものが好き☆お料理やお裁縫が好き☆少女マンガが好き☆な、”女の子になりたいわけじゃないけどマインドがどーにも乙女チックな男子”、オトメンだったのです☆っつう、「☆」満載でお贈りしたいお話。ほんとの自分をひたすら隠しながら高校生活を送っている飛鳥くんだが、ひとめぼれした都塚さんを目の前にすると乙女(?)心がもう止まらない!どう見てもかっちょいいのに筋金入りの乙女趣味っていうギャップが笑えつつ、ちょっときゅぅうんとするラブコメであります。きゅぅうんとしてる場合か。

|

« 落語を聞きに、金田中 | トップページ | 『葉桜の季節に君を想うということ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『オトメン(乙男)』:

« 落語を聞きに、金田中 | トップページ | 『葉桜の季節に君を想うということ』 »