« 『水の迷宮』 | トップページ | 『オトメン(乙男)』 »

2007年5月20日 (日)

落語を聞きに、金田中

人生で初めて生で落語を聞きました。場所はなんと一生行く事もあるまいと思っていた高級料亭・金田中。とにかく何とかして一度ここに入ってみたい!っつう下世話な興味で、友人カッパと共に赴いた。着物で落語を聞きに行こう的な企画もので、お茶とお菓子がついて3500円。一昨日試写会で観た映画『しゃべれどもしゃべれども』の平山秀幸監督と、映画で落語の監修をした柳家三三(さんざ)さんとのトークショーも有りというなかなかお得な催し物であった。最初に落語をやった柳家三之助(名前のみゴージャス...)の話はさほど乗れなくて、正座した足もやたら痛くてすみませんて感じだったのだが、監督と三三さんのトークショーは女性司会者のいまひとつな仕切りにも関わらず、ものごっつ面白い!その後の三三さんの落語がまた面白い!!しかも結構好みの男子!!正直なもので三三さんの話を聞いてる時には足も痛くなかったね。しかし枕の途中でうちのかみさん話になり、一気にテンション下がった自分を心底正直だと思いました(妻帯者はキライ)。だけどやっぱり素敵だったので、これからも密かに三三さんを応援しようと心に誓ったわたくしである。
Kanetanaka_1


金田中は演舞場のすぐそば。
でも普段は入り口がよくわからない...
普通の家の表札みたいだし→

|

« 『水の迷宮』 | トップページ | 『オトメン(乙男)』 »

コメント

うぉぉぉ、金田中の戸を潜ったのですね、うらやまうらやま(羨望の眼差し)。落語・トークショー&お茶・お菓子で3,500円とは!なんてお得な企画なんだっ。庶民の私でも手が届くぞ、と言ってもきもの着れないんで結局行けない私です。noppyさんのアンテナに脱帽っす。
>一気にテンション下がった自分を心底正直だと思いました(妻帯者はキライ)。
あはは、わかりますわかります、妻帯者と聞いたその一瞬はテンション下がります。でも結局関係なく応援するんですけど。乙女心ですね(?)

投稿: うさ吉 | 2007年5月20日 (日) 23時23分

ハローうさ吉さん
若干びびりつつ、潜ってきましたよ~
でもほんと、このロープライスならば手が届きますよね。
お食事付きは25000円で、普通のお茶・お菓子付きは5000円、
きものプライスだと3500円だったのです。
こーゆうのをスバラシイ嗅覚でみつけてくるのはかいちょなんですの。
芝居茶屋新日屋?の企画で、歌舞伎座の食事を予約する
カウンター辺りに案内があったそうです。
私は常に付いていくだけの駄目女よ...

新七さんも妻帯者と知った時にはガッカリしたけど、
やっぱり好きです☆てへへ
ではともに乙女道を走りまくりましょう。

投稿: noppy | 2007年5月20日 (日) 23時45分

かいちょさまのアンテナでしたか、さすが女王陛下、私もついていきとうござりまするー。
普通の服でも行けたんだぁ。しかしきものプライスを見ちゃうとこりゃきもので行かななぁ、と思いますねぇ。こうゆう時のために着付けを習うべき、なのか?きもので観劇もステキだなぁと着ている方を見て思ってます。
乙女道…私は大森南朋に惚れたとき、彼女がパフィーのゆ○ちゃんと聞いてテンション下がりましたよぅ。妻じゃなくてもテンション下がりましたよぅ。めげずにがんばります(何を?)

投稿: うさ吉 | 2007年5月21日 (月) 21時03分

ハローうさ吉さん
うちの女王陛下ったら凄腕でしょ。ついて行くと面白いですよ!
何かご一緒できる企画があると良いですね~☆
ワタシも実は着付けは出来ませんの...
ばあやが着付けてくれるざますよ。ほほほ
やや情けなし。

大森南朋の彼女は...そうなんだ!?
わかる。テンション下がるわ~
でも彼女ならばまだ間に合う!がんばれ(だから何を?)

投稿: noppy | 2007年5月21日 (月) 22時53分

きゃ〜、着物で落語、更に金田中!!なんてオトナな楽しみでしょう。ステキっす!見習いたいです。

LOVEな人の彼女や妻情報はホントいらない。
ましてやROCKの人とかが家族の話するのはナシですぜ...と思う。幸せな家庭なんかクソクラエだぁ!とかね。
もしくは、有名人の彼女や妻がブログでダンナや家族の事を嬉しそうに書きまくるのもナシではないかと思う。
仕事はちゃんとやろうよ。プライベート垂れ流しにしないでねってね。

投稿: MALIE | 2007年5月22日 (火) 12時07分

ハローMALIEさん
金田中に足を踏み入れる際はやはりキンチョウした、
まだまだくちばしの黄色いおさるであります。
でも中は一般民間老若男女が結構詰め込まれていたせいか、
思ったより普通でした...

そうそう、特にROCKの人たちは所帯じみた話をしちゃ
いかんですねーーー!!
わたくしのハイドさん熱は正にそれでさめました。
好きな人のことは色々知りたいけど、
うっかり彼女情報が混じっていることがあるから
2ちゃんとか要注意ですよね。
(まりちゃんは見ないかそんなのは...)

投稿: noppy | 2007年5月22日 (火) 21時47分

ハイドさんLOVEでしたっけ.....彼でも所帯じみた話はするのか...
意外です。ダーリンは所帯じみた話はしませんが、ヤッパリ
あんまり色々知りたくはなし。で、mixiやってるの知ってるけど行かないようにしています。
あっ、コメントがすっかり元の落語とはそれてしまいました。

落語とか、jazzとか、そういったシブめのものは20代にやってしまったのが残念な私です。大人になってからハマればカッコよかったのにな。そして自然なのにな。

投稿: MALIE | 2007年5月22日 (火) 23時01分

ハローMALIEさん
ハイドさんLOVEだったのです~彼が結婚する前ね。
ハイドさんが言ってたのではないと思うけど、
嫁のほうが何かとしゃべってたのだと記憶している...大石め。

20代で落語か!かっちょいいっす。
そして今こそロック!っていうのがシブイのでは。
中高年になって伝統芸能にはまるわたくしは、割とフツーですね。
そのうちきみまろラブになってたらどうしよう。

投稿: noppy | 2007年5月22日 (火) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語を聞きに、金田中:

« 『水の迷宮』 | トップページ | 『オトメン(乙男)』 »