« 映画『蟲師』 | トップページ | 『語り女たち』 »

2007年4月 7日 (土)

『写本室の迷宮』

後藤均の『写本室の迷宮』(創元推理文庫)を読む。大学教授にして推理作家の富井先生が、出張先のチューリッヒで一枚の絵に出会ったことから時空を越えた謎に挑むことになる。富井先生が託された手記、その中に登場するエラリー・クイーンばりの推理小説...そんな入れ子のような構造と、随所に散りばめられた思わせぶりな事柄が更なる謎を呼ぶのもミステリ好きにはたまらん。しかしこれ一冊では全ての謎は解けてない!!つうわけで次回作『グーテンベルクの黄昏』(出版済みだが未だみつけられず)を読まないことにはフラストレーションが残ったままなのであった。

|

« 映画『蟲師』 | トップページ | 『語り女たち』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/14587188

この記事へのトラックバック一覧です: 『写本室の迷宮』:

« 映画『蟲師』 | トップページ | 『語り女たち』 »