« 本屋大賞 | トップページ | ヘンリー・ダーガー展 »

2007年4月14日 (土)

『黒を纏う紫』

五條瑛の『黒を纏う紫』(徳間文庫)を読む。不夜城・東京のエネルギーを支える”特殊物質”を巡って、カルト教団や闇賭博の元締めや移民やらが入り乱れて攻防戦を繰り広げるっつうサスペンス。アンドかなりのバイオレンス。天使の顔をした腐れ外道・クウのキャラクタが五條瑛っぽいといえばぽいが、それにしても極悪。あんまり乗れず。

|

« 本屋大賞 | トップページ | ヘンリー・ダーガー展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『黒を纏う紫』:

« 本屋大賞 | トップページ | ヘンリー・ダーガー展 »