« 映画『バブルへGO!!』 | トップページ | 『坊ちゃん忍者幕末見聞録』 »

2007年3月16日 (金)

『輪違屋糸里(上)(下)』

ついに文庫化!浅田次郎の『輪違屋糸里』(上下巻/文春文庫)を読む。土方歳三や沖田総司贔屓なわたくしとしては、芹沢一派寄りな本書が初めどうにもきつかったのは否めない。土方らが各方面から精神的にとことん百姓呼ばわりされているのも辛いのね。割と今まで、芹沢=わるものな図式にされがちだったので、このような見方にやや戸惑うもいちいち納得してしまうのが浅田次郎の力量か。すべからく物事には深く複雑な背景があるよのう、と見識を改めた。とにかく天然理心流サイドに立っているわたくしであるに故、諸々個人的な不満もありつつ読み進んだわけだが、やっぱりやってくれたネ次郎!な終盤に感涙。誠のおなごの啖呵に打ち震えてくれい。

|

« 映画『バブルへGO!!』 | トップページ | 『坊ちゃん忍者幕末見聞録』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『輪違屋糸里(上)(下)』:

« 映画『バブルへGO!!』 | トップページ | 『坊ちゃん忍者幕末見聞録』 »