« 『輪違屋糸里(上)(下)』 | トップページ | 『QED 龍馬暗殺』 »

2007年3月17日 (土)

『坊ちゃん忍者幕末見聞録』

奥泉光の『坊ちゃん忍者幕末見聞録』(中公文庫)を読む。おお、昨日に引き続き幕末ものだ。が、同じ幕末でもここまで違うか、な呑気ぶり。タイトルが示す通り、まるで漱石の坊ちゃんを思わせる、主人公の松吉(幕末の京都にて医者宅で書生をする忍者?)の語りがユーモラス。自分勝手で日和見だが憎めきれない幼なじみに振り回され、なんだかんだと巻き込まれていく松吉が、案外自分を見失わないのがエライと思う。後半、ちょっとドタバタ。ていうか無茶苦茶。奥泉光は変な人だな。そしてこの本を薦めてくれた友人カッパもちょい変な人(褒め)。

|

« 『輪違屋糸里(上)(下)』 | トップページ | 『QED 龍馬暗殺』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『坊ちゃん忍者幕末見聞録』:

« 『輪違屋糸里(上)(下)』 | トップページ | 『QED 龍馬暗殺』 »