« 『QED 龍馬暗殺』 | トップページ | 『禁じられた楽園』 »

2007年3月20日 (火)

『片眼の猿』

道尾秀介の『片眼の猿』(新潮社)を読む。著者は”ミステリ界最注目の新鋭”らしい。邪悪な眼をしたトランプのジョーカー猿の表紙が気に入って購入。ある”特技”ゆえに業界では有名な探偵・三梨が、産業スパイの調査をする中で巻き込まれる諸々。時折気になる引っかかりを残しながらも何処へ行くのかわからないストーリー展開に、とにかく読み急ぐ。スレた読者にはちょっと怪しいな?と疑惑を抱かせる程度のトリッキーな技が小出しにされ、さほど騙された感に打ちのめされない印象を残すのがうまいかも。ノーマークで完璧に騙された部分もあるんだけどね。そんな事を含めて結構楽しめた一冊。

|

« 『QED 龍馬暗殺』 | トップページ | 『禁じられた楽園』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/14329777

この記事へのトラックバック一覧です: 『片眼の猿』:

« 『QED 龍馬暗殺』 | トップページ | 『禁じられた楽園』 »