« 異邦人たちのパリ展 | トップページ | 『輪違屋糸里(上)(下)』 »

2007年3月14日 (水)

映画『バブルへGO!!』

バブル時代が忘れられなくって(ウソ)映画『バブルへGO!!~タイムマシンはドラム式~』を観に行った。ホイチョイ臭さが懐かしいっちゃあ懐かしいが、今も昔も潔いほどに何も残らないっつうホイチョイ、ある意味筋が通ってるのか。何で観に行ったのかしら。郷愁??でもわたくしはボディコンもあまり着なかったし、ディスコ(否・クラブ)にもさほど行かなかったし、バブル言うても何もいいことなかったっすけど。バブルの恩恵にあずかった女子というのは、青田典子みたいな人ではないだろうか...。なんて若干暗くなりながらも、終始バカバカしいのでだらっと見られます。ていうか、テレビで見れば充分。それこそフジテレビで!

|

« 異邦人たちのパリ展 | トップページ | 『輪違屋糸里(上)(下)』 »

コメント

フジテレビでみれば充分って、すごーくよく伝わったわ。なるほど。
いっそ「こちとら自腹じゃ おさる版」というのはどうだ。本当に自腹だし。と言いますか、基本 自腹だよねぇ なんでも。

投稿: かいちょ | 2007年3月16日 (金) 01時08分

ハローかいちょ
バブルの頃の婦女子というものは、基本・人のオゴリだったらしい。
女子というだけでとにかく何かとオイシかったらしい。
嗚呼!バブルってサイコー!!とか言いたかったっす。
一体あの頃何してたんだ?俺ら。
つうわけで、テレビで放送されたら(きっと1年もしないうちにフジでやるな)
ドンペリでも飲みながらだらだら見てみてください。

投稿: noppy | 2007年3月16日 (金) 21時34分

了解。
ドンペリね、OK。
主食はシャンパン。年に2000本だからね。

投稿: かいちょ | 2007年3月16日 (金) 23時12分

ハローかいちょ
きーーーーっ!森田恭通かっ!!
かいちょが佐藤可士和に対してガッカリした時のようなガッカリ具合です。
傷口にシャンパンを刷り込まないで...いやむしろ刷り込んで頂くか!

投稿: noppy | 2007年3月16日 (金) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『バブルへGO!!』:

« 異邦人たちのパリ展 | トップページ | 『輪違屋糸里(上)(下)』 »