« 『のだめカンタービレ(17)』 | トップページ | 『金魚屋古書店(3)(4)』 »

2007年2月16日 (金)

『いしいしんじのごはん日記』

『いしいしんじのごはん日記』(いしいしんじ著/新潮文庫)読了。浅草から三崎へ越した著者が、ひたすらうまそうな魚を食べ、執筆に勤しむ日々。あんまり魚を食べない私にも静かにヒット!いつもの京浜急行もいしいしんじのおかげでステキな電車に思える不思議さよ。彼のスゴイところは、地域の人たちの間に自然に入り、普通にご近所付き合いができること。多分本人は自覚していないであろういしいしんじの美徳だな。あと、本の真中あたりにキュートな写真が掲載されているのですが、昔のちょっとトンガリ系のいしいしんじ→今のいしいしんじの間に”AS(AfterSonoko)2002年頃”と言う年代が表記してあったのにヤラれた。園子さんというのは恋人らしい。ASときたよ。ぐうの音も出ないよ。

|

« 『のだめカンタービレ(17)』 | トップページ | 『金魚屋古書店(3)(4)』 »

コメント

ASには、ぐうの音もでないね。もう・・
うらやますい。ぐぅ。
「本人が自覚していないであろういしいしんじの美徳」うーむ。いいこというね。
近所の子供との接し方も、昭和っぽくていいね。
おいしいものをいっぱい食べて、惚れさせる、にくいお方。でも好き。
三崎口めぐりもしたいね。ぐぅ。

投稿: かいちょ | 2007年2月16日 (金) 21時58分

ハローかいちょ
ASは、かいちょ的には黒革??
しかしこのお二人は、一緒にいると無敵な感じだけど
別々に行動してても楽しそうなところが良い。
しっかりと別個に立っているかんじ。
あーほんとにうらやますい!
というわけで神楽坂ニノ発見ツアーとともに、
いしいしんじハートブレイク(←わしらが)ツアーも
視野に入れてこうね。

投稿: noppy | 2007年2月16日 (金) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/13927718

この記事へのトラックバック一覧です: 『いしいしんじのごはん日記』:

« 『のだめカンタービレ(17)』 | トップページ | 『金魚屋古書店(3)(4)』 »