« 『金魚屋古書店(3)(4)』 | トップページ | ビエラちゃんでFF再開 »

2007年2月18日 (日)

『魔』

笠井潔の『魔』(文春文庫)を読む。サイコセラピスト・鷲沼の依頼を受けた私立探偵・飛鳥井が挑むふたつの事件。ストーカーや拒食症など現代社会の魔とも言える題材は興味深いものの、飛鳥井にちーとも魅力を感じないので正直読んでいてかったるかった。発言が理屈っぽくてムツカシイし、鷲沼のことをいちいち”セラピストがどうこうした”と記述するのもなんか鼻についた。まあこれは難癖つけてるだけですかね。かような探偵が好みの貴兄もいらっしゃるであろうが、私は草平くんとかスペンサーのような、軽口を叩きながらもアタマは切れるといったたぐいの探偵がやっぱり好きだな。

|

« 『金魚屋古書店(3)(4)』 | トップページ | ビエラちゃんでFF再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/13966195

この記事へのトラックバック一覧です: 『魔』:

« 『金魚屋古書店(3)(4)』 | トップページ | ビエラちゃんでFF再開 »