« 『金魚屋古書店(1)(2)』 | トップページ | 『海の仙人』 »

2007年1月 5日 (金)

『犬神家の一族』

横溝正史の『犬神家の一族』(角川文庫)やっとやっと読了。良くも悪くも大時代的な為かなかなか進まなかったなー。好みの問題だとは思いますが。しかしストーリーがわかっていても、所々かなり肝が冷える怖さがある。一見憎しみ故の行動と思われる裏側に、意外な方面への愛があったりするので始末が悪い。あと、例の有名な死体(湖から足が出てるの)がそんな判じ物になっていたとは知らなかった。思わず、うまい!と言ってしまったよ。年寄りくさいね。などなど思いつつ、もう一回映画も観なくちゃね。

|

« 『金魚屋古書店(1)(2)』 | トップページ | 『海の仙人』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/13344772

この記事へのトラックバック一覧です: 『犬神家の一族』:

« 『金魚屋古書店(1)(2)』 | トップページ | 『海の仙人』 »