« 『大奥(1)(2)』 | トップページ | 『QED 竹取伝説』 »

2007年1月 1日 (月)

『夜は短し歩けよ乙女』

謹賀新年。ついに不惑を迎えたハズなのだが、今年も概ね惑いまくりんぐでいつもドキドキしていたい所存です。
つうわけで新年一冊目は、森見登美彦の『夜は短し歩けよ乙女』(角川書店)。イイ!イイよモリミー☆黒髪の乙女と、彼女に恋する先輩(←ストーカー寸前)が、京都の町でストレンジbut魅力的な面々と出会い、諸々の事件に巻き込まれていくといういささかシュールな展開がハマればやみつき。実はシュールが苦手なわたくしでさえ、京都ならアリだな、とすんなり思えてしまう不思議さよ。先斗町にて謎の老人との偽電気ブランの飲み比べ、糺ノ森の古本市に降臨する古本の神さま、偏屈王ダルマ錦鯉象の尻などなど入り乱れての学園祭(多分京大!)、そして風邪すら避けて通る黒髪の乙女が冬の京都に凛々しく立つ大団円。嗚呼スバラしきモリミーの純情恋愛小説に、新年早々乾杯じゃ。

|

« 『大奥(1)(2)』 | トップページ | 『QED 竹取伝説』 »

コメント

新年おめでとうございます。
今年はばったり!できますよう、近所の成田山(海老さま)にお祈りしちゃってきましたわ。
ちょうど海老ちゃん襲名の時に移動=建て直したので、私は勝手に海老ちゃんだと思っておりますの♪
・・・ご利益は・・・ど~かしらねぇ(笑)
「信じる者」は救われる、つまり神は何だっていいってことかも??

投稿: 恵美 | 2007年1月 2日 (火) 12時14分

ハロー恵美さま
今年もヨロシクお願い致します☆
お祈りしてきてくださいましたかー!いとうれし。
近所に成田山があるなんて、スバラシイ。
ご利益は多分アリアリです!根拠はないっすが!
きっと今年はお逢いできる気がしています。
ではよきこときく一年でありますよう。

投稿: noppy | 2007年1月 3日 (水) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/13300676

この記事へのトラックバック一覧です: 『夜は短し歩けよ乙女』:

« 『大奥(1)(2)』 | トップページ | 『QED 竹取伝説』 »