« 『野ばら』 | トップページ | JBLスーパーリーグオールスターゲーム! »

2007年1月13日 (土)

『海老蔵そして團十郎』

いつか買おうと思いつつ延ばし延ばしになっていたらとうとう文庫化された、関容子さんの『海老蔵そして團十郎』(文春文庫)を大事に読む。関容子さんの、歌舞伎への溢れる愛と敬いと程良い距離感がとても好きだ。花の海老さまと呼ばれた十一代目團十郎、その陰でひっそりと少年時代を過ごし、何もかもでっかい十二代目團十郎、両方のいいところを受け継いだらしい十一代目海老蔵。成田屋三代の物語は、華やかな中にも色々あって静かに感動致しました。特に歌舞伎界のミスター(by勘三郎)、現・團十郎さんのお人柄にはめっさ惚れたっす!惚れる話がいっぱい!これからも元気でご活躍頂きたいと心から思いました。

|

« 『野ばら』 | トップページ | JBLスーパーリーグオールスターゲーム! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/13478479

この記事へのトラックバック一覧です: 『海老蔵そして團十郎』:

« 『野ばら』 | トップページ | JBLスーパーリーグオールスターゲーム! »