« 『あかんべえ(上)(下)』 | トップページ | 『さらい屋 五葉(第一集)』 »

2007年1月 8日 (月)

新春歌舞公演『梅初春五十三驛』

初菊です☆国立劇場へ、『通し狂言 梅初春五十三驛』を観に行く。ほぼ五時間、見事なまでの菊五郎アワー!とにかく菊五郎劇団のサービス精神旺盛さがあふれ出ており、福袋のように賑やかではありました。が、あまりにてんこもりな為かストーリーは見失いがち...。ま、そんなことすらあんまし気にならないんだけどね。菊は一貫して若衆でゴー、それはそれで美味かな。うふうふ。大詰めの立ち回り、鮮やかな背景の中をこの世のものとも思えぬ美しさの菊が走ってくるとこなんて、冥土の土産にしたいくらいの有難味だったよ!もう話なんかよくわかんなくてもいいや!的な。もそっと若い時には菊がやっていたような、いたいけな女子役を梅枝くんが好演。女形の若手有力株か。梅枝くん、今後も要チェックや。唯一物申したいのは亀亀兄弟、正味15分の出番っていうのは如何なものか。あんなにうまいのにぃー。返す返すも残念であります。亀亀兄弟にもっと光を!あと、今年も無事に権一を拝めたのは嬉しかったデス☆そんな新年最初の道楽でありました。

|

« 『あかんべえ(上)(下)』 | トップページ | 『さらい屋 五葉(第一集)』 »

コメント

初菊、おめでとうございます!
>もう話なんかよくわかんなくてもいいや!的な。
南北ですもの・・・スジが通らないのがスジ、物語なんてないんですもの、分かるはずもなく。
>いたいけな女子役を梅枝くんが好演。
梅枝くん、よい感じになってきましたね~これからが楽しみです。アクロバットの替え玉は・・・辰巳くん?(テレビで、トンボをみてると辰巳くんっぽいけど、それにしても身体が柔らかい~♪)
>亀亀兄弟にもっと光を!
まったく!そう思います。特に兄さん♪亀三郎さんは姿も良いしお声も良いし、瞬芸ではもったいない!ですよね。菊親子だけに光があたっていては、劇団としてど~か?(嬉しいけど♪)

投稿: 恵美 | 2007年1月 9日 (火) 10時11分

ハロー恵美さま
わかんなくてオールオッケー!なんすね。
梅枝くんはちょっと松也君に似てカワユス☆
あの替え玉は、辰巳くんで正解です~
流石!恵美さん。テレビで観ておわかりとは。
最初、梅枝くんがやってるのかと思って、
若い子はすげえ!と本気で感心しちゃった。
亀亀兄弟のこともひっそり?応援していきたいデス。

投稿: noppy | 2007年1月 9日 (火) 23時09分

冥土の土産にしたいような、場面はこれからどんどん増えますことよ。
長生きしてね。
そして道楽しつづけようね。

投稿: かいちょ | 2007年1月11日 (木) 00時17分

同意、同意。梅枝君の上達ぶりに目を見張り、亀亀兄弟の出番の短さにがっかりし、もう全部同意!!
それにしても赤い襦袢に黒の小袖(と言うのか?)の前髪菊が麗しかったですね。初春から菊バカの心を鷲摑み、でした。眼福。


投稿: うさ吉 | 2007年1月11日 (木) 01時34分

>ハローかいちょ
冥土の土産がありすぎて重たいよ!なんてことになるのかな。
カラダを鍛えないとダメだね。
いつも何か観る度に、嗚呼最高だった!と思うけど、
日々最高だった!が増えるものねえ。
でも楽しいっす。道楽万歳っす。

>ハローうさ吉さん
そうそうそうそうそう、あの赤が映えてねー。
もう夢のようなお姿でしたね...
女子な菊もかわゆらしくて勿論大好きだけど、
案外菊の若衆祭もサービスサービス☆気分でしたね!
菊バカ的にはなかなか良い一年のスタートを切れたような気がします。
が、今年も手ぬぐいは取れず...無念。

投稿: noppy | 2007年1月11日 (木) 03時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春歌舞公演『梅初春五十三驛』:

« 『あかんべえ(上)(下)』 | トップページ | 『さらい屋 五葉(第一集)』 »