« 『海の仙人』 | トップページ | 新春歌舞公演『梅初春五十三驛』 »

2007年1月 7日 (日)

『あかんべえ(上)(下)』

宮部みゆきの『あかんべえ』(上下巻・新潮文庫)を読む。江戸深川に新しく料理屋を開いた一家が、初めてのお客をもてなしている最中に起きた恐ろしくも不思議な事件。何故か屋敷に住み着いた亡者を見ることができ、彼らと心を通わせるようになる料理屋の一人娘・おりんは、屋敷に隠された因縁を解き明かし亡者達を成仏させようと幼いながらも奮闘する。人間の持つ欲や業を図らずも垣間見ながら、諸々にまっすぐぶつかって頑張るおりんちゃんが健気っす。ちょっぴり哀しくてじんわり胸を打つ、さすが宮部みゆき!と唸る力作時代長編であったことだよ。

|

« 『海の仙人』 | トップページ | 新春歌舞公演『梅初春五十三驛』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『あかんべえ(上)(下)』:

« 『海の仙人』 | トップページ | 新春歌舞公演『梅初春五十三驛』 »