« 新橋演舞場『朧の森に棲む鬼』 | トップページ | 『海老蔵そして團十郎』 »

2007年1月11日 (木)

『野ばら』

林真理子の『野ばら』(文春文庫)を読む。普段あまり読まない作家さんだが、この小説に限っては文庫化を待ちわびていたよ。なんとなれば、タカラジェンヌと梨園の御曹司の恋愛沙汰が描かれているから。勿論それだけの話ではないけれど、もうはしたないまでに下司な覗き見根性丸出しで、その点のみに集中してうはうはしながら読んでしまいました。主人公の千花(タカラジェンヌ)と萌(フリーのライター)の二人の女子はいずれも若くて綺麗で育ちが良くて、服装から食べ物、遊び場所に至るまで感情移入できるところは皆無!なのだが、世の中にはこんな人種もいるのね...とわくわく動物ランド的に見ることができれば楽しめる。楽しめるけど、やつらに不幸が降りかかると思いっきり溜飲が下がる、っつう心のヨゴレた自分もおりました。あと、あくまでも虚構であろうが御曹司ってやっぱりこんな恋愛をしているのかしらと思うと若干の衝撃はありましたな。ってわしも結構な乙女だな...

|

« 新橋演舞場『朧の森に棲む鬼』 | トップページ | 『海老蔵そして團十郎』 »

コメント

>タカラジェンヌと梨園の御曹司の恋愛沙汰
これまた、いいですね~♪
梨園の御曹司は誰っぽいのかしら?で、恋愛沙汰はど~なるんかしら?
全然読まない作家さんですが、たまには良いかな。
只今「ねこのばば」中な、化物好きですので・・・。

投稿: 恵美 | 2007年1月12日 (金) 10時16分

>タカラジェンヌと梨園の御曹司の恋愛沙汰
ほぉ~ わたしもこの作家さんのものはほとんど読んだことがないのですが、ちょっとそそられますね。今日、あかんべえと一緒に買っちゃおうかしらん。

元タカラジェンヌが奥様という方は結構いますよね。(逃げられちゃった人もいるけど(^^;)

投稿: kirigirisu | 2007年1月12日 (金) 10時44分

>ハロー恵美さま
とにかく読みやすかったです。
始めは菊ちゃんをキャスティングしてましたが、
(そうやって読むと楽しいから☆)でも途中でやっぱし違う!と。
違うと思いたい的な?
恵美さんならばもっと適役をみつけてくだサルかも...
というわけで『ねこのばば』の次にでもぜし読んで頂きたいです~

>ハローkirigirisuさま
タカラジェンヌと梨園は全然違うようで案外共通する部分があるのやも...?
この小説の話をかいちょとしていて、
わしらも宝塚に入っとくべきだったな!と反省しました←バカバカ
kirigirisuさんももし読まれたら、御曹司役のキャスティングを教えて下さい☆
余談ですが、『あかんべえ』は美味しそうな料理が沢山出てきて困りました!

投稿: noppy | 2007年1月13日 (土) 04時52分

読みました。御曹司役は、今の若い役者さんだと思い浮かばないのですが、児太郎時代の福助さんなんていうのはどうでっしゃろか(^^? 

投稿: kirigirisu | 2007年1月22日 (月) 15時16分

ハローkirigirisuさま
にゃるほど!!
ハゲしく納得。
児太郎時代の、っていうところがミソですね☆
なんか遊んでそうなイメージだし...(失敬)
ほんとに考えて下さって嬉しかったどす。
アリガトウございました~

投稿: noppy | 2007年1月23日 (火) 02時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/13446067

この記事へのトラックバック一覧です: 『野ばら』:

« 新橋演舞場『朧の森に棲む鬼』 | トップページ | 『海老蔵そして團十郎』 »