« 映画『大奥』 | トップページ | 『EDGE2 三月の誘拐者』 »

2007年1月19日 (金)

『ηなのに夢のよう』

あー、また買ってしまった。森博嗣の『ηなのに夢のよう』(講談社ノベルス)を読む。なんちゅうタイトルじゃ。帯も必死、”絶対に見逃せない、Gシリーズの転換点!!”ですと。事件に関しては既に諦めの境地だけど(もう謎を解く気すらないらしい)、シリーズとしては確かに転換点ではあったかも?ヤツがあれならばじゃあこいつは誰?みたいな、もうそんな興味しかないな。でもそれが森博嗣好きにとっては何よりなのか。そうやってまたわしらを取り込むのか。かくしてGシリーズはまた続く...

|

« 映画『大奥』 | トップページ | 『EDGE2 三月の誘拐者』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/13577381

この記事へのトラックバック一覧です: 『ηなのに夢のよう』:

« 映画『大奥』 | トップページ | 『EDGE2 三月の誘拐者』 »