« JBLスーパーリーグオールスターゲーム! | トップページ | たねやの黒豆大福 »

2007年1月15日 (月)

『ひとがた流し』

北村薫さんの『ひとがた流し』(朝日新聞社)を読む。第136回直木賞候補に選ばれた作品で、もし今回受賞されるならば長年の北村薫愛読者としてはその前に居ずまいを正して読んでおきたいと思ったもの。結果としては、直木賞なんて取らなくてもこの小説を読めて良かったとしみじみ感じた。ざっくり言うと三人の女友達とその家族たちの物語。友達や家族という近くて気安い間柄でも、きちんと真摯に向き合って話すべき”時”と、その際に全力で使う”言葉”がわかっている人って素晴らしい。改めて「ただこの世にいてくれるだけでいい」と思う存在に感謝した。諸々うまく言えないけれど、大切な一冊になったなあ。

|

« JBLスーパーリーグオールスターゲーム! | トップページ | たねやの黒豆大福 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/13507542

この記事へのトラックバック一覧です: 『ひとがた流し』:

« JBLスーパーリーグオールスターゲーム! | トップページ | たねやの黒豆大福 »