« 『ηなのに夢のよう』 | トップページ | 『九十九十九』 »

2007年1月20日 (土)

『EDGE2 三月の誘拐者』

とみなが貴和の『EDGE2 三月の誘拐者』(講談社文庫)を読む。自分でカテゴライズしてて何だけど、ミステリに入るかどうかは微妙なライノベ。警察の依頼で幼女誘拐事件をプロファイルすることになった美貌の天才心理捜査士・大滝錬摩が、自らの辛い過去に向かい合いながら犯人を追う。錬摩の謎めいた出自が2巻にして若干明らかになるのがファン心をくすぐるね。練磨の相棒・宗一郎が今後どうなっていくのかが非常に楽しみ。X文庫版は完結しているとのことなので、講談社文庫はさくさく出すように。

|

« 『ηなのに夢のよう』 | トップページ | 『九十九十九』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/13592873

この記事へのトラックバック一覧です: 『EDGE2 三月の誘拐者』:

« 『ηなのに夢のよう』 | トップページ | 『九十九十九』 »