« 『吉田電車』 | トップページ | 『わが身世にふる、じじわかし』 »

2007年1月27日 (土)

『君に届け(3)』

椎名軽穂の『君に届け(3)』(集英社)を読む。見た目は暗いがピュアホワイツ☆な女の子・貞子(本名は爽子)、風早くんたちのお陰で徐々に友人もできつつある模様。普通の高校生がごく普通にやっていることにいちいち感動するさまが可愛い。しかし好かんたらしい女子登場...あからさまにいじわるをする奴よりも、こんな女はタチが悪いぞ。気をつけろ貞子!うしろうしろ!志村か。

|

« 『吉田電車』 | トップページ | 『わが身世にふる、じじわかし』 »

コメント

こんばんはーー。前回のご紹介で購入。薄ら笑いしつつもうっかり涙ぐみそうになった2巻まで・・。
新刊の、名前の呼び方ひとつでどきどきなようすには、あたしゃさすがに駆け出しそうになりました。なんかむずがゆい〜〜。よごれちまったあたしには、、もう眩しくてなにもみえやしない・・・。
(ところで、ちっちゃいおじさんネタには強く引き込まれております。)

投稿: ぜぶら | 2007年1月29日 (月) 22時09分

ハローぜぶらさん
おお、購入されましたかー
そう、2巻まではうるうるしつつ読みました☆
新刊は仰る通り、なかなかこっぱずかしかった...
ま、こんな子たちがいてもいいかな。
ていうかいてほしい!的な。
でもやっぱり若すぎたマンガだったでしょうか、わしらには。
ちっちゃいおじさんネタに希望を託そう。?

投稿: noppy | 2007年1月29日 (月) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『君に届け(3)』:

« 『吉田電車』 | トップページ | 『わが身世にふる、じじわかし』 »