« 『ねこのばば』 | トップページ | 『クレオパトラの夢』 »

2006年12月17日 (日)

『シリウスの道(上)(下)』

藤原伊織の『シリウスの道』(上下巻・文春文庫)を一気読み。うーん、流石イオリン!おもおもおもしろいっす。久しぶりに夢中になって読めた本。斎藤美奈子さんあたりに、”団塊オヤジの都合のいい夢”みたいな言われ方をするイオリンだけど、ワタシは結構好き。オヤジに感覚が近いのかしら...という一抹の不安はさておき。本書の舞台は広告代理店、電通にお勤めだった著者の真骨頂というか面目躍如というか、とにかく勝手知ったる場所なわけだからリアリティがあるように思える(実際のところはわからず)。大きなお金が動く広告コンペや社内外の諸々の駆け引き、予期せぬトラブルに対する収拾の仕方など、難題になればなるほどひとごとなのでわくわくするね。リーマンの割にハードボイルドな主人公を始めとして、アクの強い登場人物が皆いい味を出している。イオリン小説ファンならばちょっと嬉しい再会もアリ。でもやっぱりこれも”オヤジのハーレクインロマンス”って言われちゃうのかなあ、斎藤美奈子さんには。

|

« 『ねこのばば』 | トップページ | 『クレオパトラの夢』 »

コメント

なかなか面白そうですね。
早速よんでみよっと。

リーマンのためのSNSやってます。

投稿: リーマン兄弟 | 2006年12月19日 (火) 00時44分

ハローリーマン兄弟様
コメント有難うございます!投資!?
そうなのです、なかなか面白かったのです。
”オヤジのハーレクイン”としては、美人の部長なんていうのも
ツボなアイテムでしょうか?
主人公は38歳なのですが、なんだか老獪。ちょっとCMの佐藤浩市みたいっす。
好みに合えば良いのですが...
というわけで、リーマンじゃなくてすみませんと小さくなりつつドロンします。

投稿: noppy | 2006年12月19日 (火) 23時28分

kohakuオヤジですが、何か? で美奈子様には
いいようにも思いますが、どんなもんでしょ

テロリストの方がスマートさがあったように私は
感じましたが、これはこれで私も一気読みさせて頂きましたよー。
そして、どうやら嬉しいことにこの本の後に新作本出されたような
ワ~イ。.....人様のブログで失礼致しました。
でもでも、無理は禁物と思いつつまだまだ藤原さんの本読みたいです!

投稿: kohaku | 2007年2月11日 (日) 17時15分

ハローkohakuさま
こちらもnoppyオヤジでーす。
シリウスは、ちょっと『永遠の仔』な匂いがした...?
新刊出てましたね~『ダナエ』ですか。
中篇集らしいですが、またさくさく読める長編をぜし
書いて頂きたいですね。

投稿: noppy | 2007年2月11日 (日) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/13103078

この記事へのトラックバック一覧です: 『シリウスの道(上)(下)』:

« 『ねこのばば』 | トップページ | 『クレオパトラの夢』 »