« 『いじん幽霊』 | トップページ | 86年版『白虎隊』 »

2006年12月24日 (日)

『本格推理委員会』

日向まさみちの『本格推理委員会』(角川文庫)を読む。ライノベ臭ばんばんなかわゆらしい女子の表紙で、第一回ボイルドエッグズ新人賞受賞作じゃなかったら多分手にとらないだろうなあという感じの作り。しかしそこはボイルドエッグズ、その眼力は結構信頼できるので、結果やっぱりグッジョブ!と言ったところです。クールなお兄ちゃん風主人公にキュートな妹、美人で人格無茶苦茶の理事長、武道派美少女、関西弁幼なじみ等々濃くていかにもな面々のキャラクタ小説兼学園ミステリと言った様相だが、その実態は案外深いで。ちょっとアツくストレートな台詞にぐっときたりなんかして、なかなか侮れず。シリーズ化を期待したい。

|

« 『いじん幽霊』 | トップページ | 86年版『白虎隊』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/13189966

この記事へのトラックバック一覧です: 『本格推理委員会』:

« 『いじん幽霊』 | トップページ | 86年版『白虎隊』 »