« 『PLUTO(4)』 | トップページ | 『夜は短し歩けよ乙女』 »

2006年12月30日 (土)

『大奥(1)(2)』

休みになるまでとっておいた、よしながふみの話題作『大奥(1)(2)』(白泉社)にようやく手をつける。うふうふ、なかなか面白いね。帯にあるとおり、”男女逆転大奥”な話なのだが、よく出来てるわー。読ませるわー。男子ばかりが奇病にかかり、圧倒的に女子の数が多くなった江戸が舞台。将軍は女子、大奥にはよりすぐりの美男がぎっしり、ってそそられる設定でしょ。早く次が読みたいよ~。って、昨日と同じだな。てへ。そんなこんなでマンガばっかし読んでいる年末であった。

|

« 『PLUTO(4)』 | トップページ | 『夜は短し歩けよ乙女』 »

コメント

大奥、面白いですわー。「男女逆転大奥」って見たとたんに買ってしまいましたもん。続きがたのしみ!

マンガばっかし読んでる年末、私も同じです。しかも「NARUTO」ですよ。さすがに買ったのではなく借りたんですけどね。いや、面白いんですよ・・私は精神的には殆ど小学生(男子)であるらしいです。

そんなこんなで、のっぴさん、よいお年を!!

投稿: ぜぶら | 2006年12月31日 (日) 23時41分

ハローぜぶらさん
大奥、絶対ぜぶらさんは読んではると思った!
いや噂通りのオモシロさだね~うひひ。
早く三巻でないかな....まだまだ先ですねえ。
そしてNARUTOは案外忍者なんでしょ??
ちょっとそそられるってばよー

投稿: noppy | 2007年1月 1日 (月) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『大奥(1)(2)』:

« 『PLUTO(4)』 | トップページ | 『夜は短し歩けよ乙女』 »