« 『聖なる黒夜(上)(下)』 | トップページ | 『先生!』全20巻・一気再読 »

2006年11月12日 (日)

『ナラタージュ』

昨日あまりにもハゲしく『聖なる黒夜』の毒気にあてられてしまったので、ちょっと爽やか~な空気を吸いたいぜ、とばかりになんとなく安全牌?と勝手に決めつけた島本理生の『ナラタージュ』(角川書店)を読んだらアナタ。黒夜とは全く違った角度から息の根止められたわよ!やるじゃない島本って子!若干おねえ言葉で賞賛してみた。先生ものジャンルって好きよん☆くらいの乗りで読み進むうち、どうにも止まらなくなって最後まで一気読み。案外ダメな男・葉山先生にどうしようもなく惹かれている泉にシンクロする度、胸がひりひりと痛んだ。なんで今更こんなに痛いとですか。読後、ひとりでトイレの中で号泣...こんなに泣けたことに狼狽しつつドロンします。

|

« 『聖なる黒夜(上)(下)』 | トップページ | 『先生!』全20巻・一気再読 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/12651598

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナラタージュ』:

« 『聖なる黒夜(上)(下)』 | トップページ | 『先生!』全20巻・一気再読 »