« 11月花形歌舞伎 | トップページ | バスケットマンですから »

2006年11月 3日 (金)

『世界の終わり、あるいは始まり』

歌野晶午の『世界の終わり、あるいは始まり』(角川文庫)を読む。残虐な手口の小学生誘拐殺人事件が近所で起こって、気の毒がったり憤ったり胸を痛めてはいても結局のところ他人事。自らの身にふりかからなければ己の小さな世界は平和だと思っていた男に、突如芽生えた息子への疑惑。そこを境に世界が少しずつ変わり始める...。事件が事件なので結構重い話であるが、なにしろ歌野晶午ゆえ一筋縄ではいかず夢中で読んでしまった。しかしうっすら怖いっすね。こんな話が虚構でなくなりつつありそうなとこが怖かった。うーん。

|

« 11月花形歌舞伎 | トップページ | バスケットマンですから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/12532693

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界の終わり、あるいは始まり』:

« 11月花形歌舞伎 | トップページ | バスケットマンですから »