« 『探偵は今夜も憂鬱』 | トップページ | 『ダリア』 »

2006年11月19日 (日)

『ヨリックの饗宴』

五條瑛の『ヨリックの饗宴』(文春文庫)を読む。五條瑛の小説はとっかかりが政治絡みだったりすると一瞬気が進まないのだが、そこを乗り越えるとどうにも止まらなくなるという恐ろしい薬のようでげす。失踪した兄・栄一(いい男)を探すうち、図らずも隠蔽された国家機密の存在に気付き、否応もなく政権争い的なものに巻き込まれていく弟・耀二(負けずといい男)。兄は何故失踪し、何をしようとしていたのか?そして見え隠れするヨリックの正体とは?みたいな話。ノノノノンフィクション!?すれすれの話は五條瑛の真骨頂、やっぱり面白いっす。

|

« 『探偵は今夜も憂鬱』 | トップページ | 『ダリア』 »

コメント

ハローNoppyさん
今回はそっくりなイイ男3人(含・青田買い)で
非常に楽しかったですねぇ。
しかも今回は「これはあの政治家さんのこと?」
とか穿った読み方まで出来ちゃうなんてウハウハです。
とはいえ政治にはまったく興味がないのでした。すまん。

投稿: そるたん | 2006年11月20日 (月) 10時05分

ハローそるたんさん
おお、もう一人いい男がいたね。かなり若いけど☆
もっと政治に詳しかったら更に面白く読めるのかもねー
でもわしらの知識くらいでも理解できるのがイイ。
あのでかい女もかっちょよかったな!
他のシリーズとも絡まないかな☆と夢は膨らむ。

投稿: noppy | 2006年11月20日 (月) 22時54分

すすすみません。
今更TBを間違えていたことに気付きました。
やり直したので刻謎宮消去してくださいまし~
消せなかったらごめん(涙)

投稿: そるたん | 2006年11月21日 (火) 09時44分

ハローそるたんさん
いやー折角だからそのまま貼っとくわ。
だって刻迷宮、好きなんだもーん。うふふ
決して面倒くさいからじゃないよーん。
ラブ☆沖田総司。ってことで。
これからも宜しく!

投稿: noppy | 2006年11月21日 (火) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/12748070

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヨリックの饗宴』:

» 刻謎宮(3)−渡穹篇 [酒と薔薇と活字の日々]
寒いです。耐えられません。 まだ11月だというのに…生きていくのってツライ(大袈裟です) 夏に産まれたせいだと思うのですが、 冬は非常に苦手なシーズンです。 もしも大金持ちになったら、 南の島に移住したいと... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 10時01分

» ヨリックの饗宴 [酒と薔薇と活字の日々]
イクラをいただいたので、はらこめしを作りました。 焼いた鮭の身をほぐして炊きたてご飯に混ぜ、 イクラをトッピングして出来上がり。 非常に簡単かつウマウマ〜☆ リクエストが多いのでよく作るメニューです。 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 09時42分

« 『探偵は今夜も憂鬱』 | トップページ | 『ダリア』 »