« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

菊バカの手袋

友人に総菊柄の手袋を貰った。どうやら”あいつ、菊ついてれば何でも食いつくぜ”という噂が出回っているらしい。そして噂はあながち嘘ではない。食いついた!ものごっつ食いついたで候。着物にも合いそうな逸品である。12月の歌舞伎座でおろそう。ふふふ。アリガトウ友よ。

Tebukuro
← 菊バカのココロを鷲掴む手袋。室内でも外したくないほどに。
  下はSOULWORK製総菊柄トートバッグ...

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

ぶっさんに、そして木更津キャッツのみんなに、ちゃんとばいばいが言える名作!いったいどうやってぶっさん甦るのよ?に始まって、終始素っ頓狂なストーリー展開なのに、まあアリかなと思わせてしまう。今までとは同じじゃないけど、おさえなくちゃならんツボはきっちりおさえる。うっすら「?」と思ったことが、あとで「!」となって無理なく繋がる。ほんといちいちよくできてるよなあ。細かく笑えるのにどうにも泣けて、それぞれの思いがきちんと消化されていて、悔いが残らない感じがイイ。これ以上でもこれ以下でもない、絶妙なオトシマエのつけ方に完敗!そして結果、ちゃんと”ワールドシリーズ”にもなってたし。木更津キャッツは大好きだけど、エンドロールを見ながら全てが懐かしくてまた泣いたけど、ほんとにばいばい。そんな映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』であった。にゃー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

『死者の季節(上)(下)』

どうもまだ風邪が治らない上にうっかり飲み過ぎ→二日酔いで、本日会社で芋のような匂い(芋焼酎だったから☆)を発していたダメサルです。読書も遅々として進まず、やっとのことでデヴィッド・ヒューソンの『死者の季節』(上下巻/ランダムハウス講談社)読み終わる。翻訳が山本やよいさんだったので買ってみたもの。夏のローマ、被害者たちがカトリックの殉教者と同じように殺されるという連続殺人事件が起こる。事件を追う刑事コスタ(熱血若者)は、ヴァチカンの影や謎の美女に翻弄される。犯人の目的は、そして真の悪党は誰だ?みたいな話。己の具合が悪いせいか、あちこち飛ぶ視点がやや入り辛かった。あとやっぱり上下巻にするのはちょっとな。コスタ君の今後には期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

11月花形歌舞伎・千穐楽

楽しかった11月も実質今日でおしまい。なんとなれば、本日花形歌舞伎が千穐楽だからであります。ううう。思えば去年も児雷也バカで、千穐楽終わって魂抜けてたっけな。デジャヴ...?とにかく最後なので昼の部のみですが全力で観てきたよん。今日は2階の花道側、場所が変わると見えるものが違ってすこぶる興味深い。お嬢さんVer.の菊が後ろを向いて弁天になるべく熱心に顔を作っているのとか、黒子さんが菊の足袋を脱がせているのとか、つい注目。でもやはりどの角度から見てもかっちょいい菊之助でありました。そんなまとめがいっぱいいっぱい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

吉例顔見世大歌舞伎・夜の部

今月は演舞場に力を入れていたケツの軽いおさる故、久しぶりの歌舞伎座、吉例顔見世大歌舞伎昼の部を観に行く。そしてベテラン勢の、いい意味で余裕ある芝居もやはり見応えがあるものよのう、と再確認したことだ。夜の部は全体的に案外地味~な感があったが、わたくしのいちおしは菊五郎さんの「雛助狂乱」!新七・辰巳・咲十郎・八大と、スペシャルな捕手がなーんと隈取フェイスでトンボ切りまくり...足は出しまくり...見どころ満載であっという間に終わっちゃった。アンコール!的な。特に新七さんは本当に隈取が似合うし姿勢が良いし形もキレイだし言う事ないっす。「二月堂」はお香の大層芳しい匂いと供に現れる坊主の団体が印象的。仁左衛門さんの坊主は美しすぎて罪深い程ですわ...。今月はとにかく昼の部が圧巻だったらしいですな。やっぱりこれからはどっちも観ないとダメかな、とこっそり思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

断念!『シンセミア』

阿部和重の『シンセミア』(朝日文庫)を一巻にして断念す。伊藤整文学賞と毎日出版文化賞W受賞!あの大傑作がついに文庫化!みたいな言われようだったので、膨大な登場人物がぐだぐだする様を我慢して読んでみたけど、きっとこのぐだぐだの果てに何か大きな感動があるんだと信じて読んでみたけど、もう限界。主な登場人物の羅列だけで3ページだよ...。あと3冊あるのだが、放棄。すまーん。つうわけで、それでも読んだ方がイイ!と言う意見があったら真摯に耳を傾けるつもりではある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

『ダリア』

風邪っぴきで一日中寝ていた。もうろうとしつつ、野中柊『ダリア』(集英社文庫)を読む。17歳の女の子の話だけど、全く感情移入できないし、なんだかよくわかりませんでした。パパの作るご飯だけは旨そうでした。あと、紙が無駄に良すぎるかなあ。心の狭い感想を許して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

『ヨリックの饗宴』

五條瑛の『ヨリックの饗宴』(文春文庫)を読む。五條瑛の小説はとっかかりが政治絡みだったりすると一瞬気が進まないのだが、そこを乗り越えるとどうにも止まらなくなるという恐ろしい薬のようでげす。失踪した兄・栄一(いい男)を探すうち、図らずも隠蔽された国家機密の存在に気付き、否応もなく政権争い的なものに巻き込まれていく弟・耀二(負けずといい男)。兄は何故失踪し、何をしようとしていたのか?そして見え隠れするヨリックの正体とは?みたいな話。ノノノノンフィクション!?すれすれの話は五條瑛の真骨頂、やっぱり面白いっす。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年11月18日 (土)

『探偵は今夜も憂鬱』

元刑事のフリーライター・柚木草平シリーズ第三弾、樋口有介著『探偵は今夜も憂鬱』(創元推理文庫)を読む。今回は短編が三つ。どれも魅力的な女性が登場して、いつもながら草平くんは落ち着きがない。”東京って街はどうしてこういい女が多いのか。いい女が多すぎるこの東京自体が、俺にとっては地獄なのだ”だってさ。新しい事件とともにやってくるいい女にちょこっと惚れちゃあコトを面倒にしている38歳...しょうもない、と思いながらもなんだか憎めない。ウソだとはわかっていても、言って欲しい言葉を言って欲しい時にためらいもなく言える男は偉大なのだ。わたくしの草平くん贔屓は続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

『リアル(6)』

マンガばっかしで面目ない。井上雄彦の『リアル(6)』(集英社)発売で即買い即読み。嗚呼一年に一冊だなんてね...。今はフィーチャリング高橋、しかも辛抱の時。長丁場になりそうだ。欲を言えばもっとバスケシーンが読みたいかも。もっと戸川清春を!と叫びたいかも。ではまた一年後に会いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

映画『ゆれる』

オダジョーVS香川照之、これは見逃すわけにはいかん!つうわけで映画『ゆれる』を観に行った。見た目がモテリーマン講座みたいだな、オダジョー...でもかっちょいい☆なんつって出てくるなり軽くヤラれるも、ラスト付近には”あの頃が懐かしい”的な遠くにきちゃった感にぐったりした二時間であった。すげえ!とにかくすごいよ香川照之。観ているこっちが息するのも忘れそうなうまさだ。田舎で稼業を継ぐ、真面目で優しく気ぃ遣いで人のいいお兄ちゃんと、東京で成功したカメラマンの弟(結構ろくでなし)。母親の一周忌で弟が帰省した時にある事件が起こり、これをきっかけに全く違った面を見せ始める兄。その狂気、その凄み、その恐ろしさ、香川照之が次々繰り出す七色のパンチにもうよろよろっす。そしてそのパンチをオダジョーが負けずにきっちり見事に受けていて、二人の攻防戦が本当に見応えがあった。ストーリーもハラハラしたし、脇も全員イイ。もうオダジョー映画に面白いものなしとは言わせないよ。(って誰が言ってんの?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

『上高地の切り裂きジャック』

島田荘司の『上高地の切り裂きジャック』(文春文庫)を読む。御手洗潔がスウェーデンに行っちゃってからの事件と、まだ石岡くんと一緒に住んでいた横浜時代の事件との、中篇二つ。謎も中くらい、でもやっぱり横浜時代はいいな。マイペースな天才・御手洗と彼に振り回される石岡くんのあたふたぶりにはある種の安心感があるし、何よりもほんの少し前の横浜の描写を読んでいるだけで楽しい。昭和の終わり、石川町駅前の中村川、堀切り運河の水辺には画廊喫茶船のようなものが確かに浮かんでいた。あの頃御手洗潔と石岡くんは馬車道にいたんだなーと思うと感慨深い(フィクションですが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

『先生!』全20巻・一気再読

ナラタージュな気分に引きずられて、河原和音の『先生!(全20巻)』(集英社)読み返す。さすがにもう4時!他にやることあるだろう?って感じだが、ナラタージュのせいにしてしまえ。高校生の女子が先生と付き合うっていう『先生!』のシチュエーションは、正にわたくしの理想の恋愛(←もう出来ないけどな)...そして貢作先生は正にわたくしの理想の男子ド直球。最近文庫版も出てるけど、そっちも全部欲しいくらい大好きなのさ。ま、久々に先生まみれになったので、いい加減明日からは現実を見ることにします。おお、大人だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

『ナラタージュ』

昨日あまりにもハゲしく『聖なる黒夜』の毒気にあてられてしまったので、ちょっと爽やか~な空気を吸いたいぜ、とばかりになんとなく安全牌?と勝手に決めつけた島本理生の『ナラタージュ』(角川書店)を読んだらアナタ。黒夜とは全く違った角度から息の根止められたわよ!やるじゃない島本って子!若干おねえ言葉で賞賛してみた。先生ものジャンルって好きよん☆くらいの乗りで読み進むうち、どうにも止まらなくなって最後まで一気読み。案外ダメな男・葉山先生にどうしようもなく惹かれている泉にシンクロする度、胸がひりひりと痛んだ。なんで今更こんなに痛いとですか。読後、ひとりでトイレの中で号泣...こんなに泣けたことに狼狽しつつドロンします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

『聖なる黒夜(上)(下)』

柴田よしきの『聖なる黒夜(上)(下)』(角川文庫)を読む。うーむ...何といっていいのか、とにかく凄かった。男と女、男と男、刑事とヤクザ、愛と憎しみが渦巻く渾身の大長編に、どっぷりはまったがぐったり疲れた。ある大物ヤクザが殺され、警視庁捜査一課の切れ者・麻生龍太郎は、容疑者の一人として男妾あがりで被害者の企業舎弟・山内練に出会う。複雑に絡み合う人間関係や過去のいくつもの事件に翻弄され捜査は難航、それでも少しずつパズルのピースが集まり最後に麻生が見た驚愕と絶望の真相とは。RIKOのシリーズに登場し、その美しさとデストロイでサディスティックなキャラクタによって強烈な印象を残した悪魔のようなヤクザ・山内は、いかにして造られてしまったのかが本書を読むとわかる。それはやるせないほどに悲しく辛い物語である。荒涼たる気持ちにもさせられるが、こんな愛のかたちもアリかも、ってことでやや救い...なのかなあ.。なんか放心状態だなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年11月 8日 (水)

映画『7月24日通りのクリスマス』

今月は王子強化月間だ!というわけで本日は大沢たかお祭、『7月24日通りのクリスマス』を観た。3日に始まったばかりだというのに、客は10人もいなかったな...たかおピーンチ。でもダイジョブ、あたしがついてるわ。そんなあたたかい気持ちで観賞するとなかなか浸れるロマンチックな一本である、多分。言わせてもらえば、地味で平凡な主人公に中谷美紀って若干無理。だってどう見ても綺麗だもん。ちっ。でもまあ冴えない女子が皆の人気者の王子様に憧れて...みたいな設定は嫌いではない。たかお、かっちょいいし。あととにかくYOUと佐藤隆太くんがイイ!コヒさんがかようなお父さん役でイイのはわかっちゃいたけど、この二人はちょっと泣けたほどにうまかった。すごーく暇でロマンチックを求めていたら、1000円くらい払って観てもいいんじゃないかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

『楽屋裏王子』

30過ぎたらマンガとハーレクィーンは隠れて読め、という中野翠師匠の言葉を依然守れないダメなおさるでーす。開き直ったか。本日は梨園ものというだけでついつい買ってしまった、桜小路かのこの『楽屋裏王子』アンド『極付 楽屋裏王子』(小学館)を嬉々として読む。王子業界もここまできたか、と言った感のある素敵なネーミングに高揚。そっと呟くだけで一週間は楽しいキモチになれそうネ☆梨園の名門御曹司の付き人(そしていつのまに恋人)になった女子高生の話なんすけど、まあありえねーほどに全篇都合良過ぎ!!なんですけど、許す。いいでしょう、かあさん許しますよ。こんなファンタジーがあっても宜しい。くすくす。御曹司の名前が市村松之助、本名・堀内隆生(と書いてりゅうせいと読む)。これってやっぱり...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

続・11月花形歌舞伎

絶望した!現実世界の男子に絶望した!...まだまだ絶望先生をひっぱっておるが、最近近場に全然いい男がいないのでつまんなーい。そんなわけで五十嵐圭だの菊之助だの、リアルじゃない男子の姿をせっせと見に行く日々。嗚呼終わってるかも、という自覚症状は一応ありつつ、本日は花形歌舞伎昼の部を奮発して1列目で観る。うひゃひゃ。舞台の近くで観ると話が信じられないくらいわかるのは何故だろう。番町皿屋敷・青山播磨の、この世にただ一人愛している女にその愛を疑われた無念。最もやってはならん方法で男の気持ちを試さずにはいられないお菊の、愚かしくも激しい愛情。主君を敬い大切にする弁慶の気持ちに心打たれ、様々な思いを飲み込んでただひとつうなずき去っていく富樫。あああああ色んな人に感情移入!そしてやっぱり、弁天小僧にといめんで知らざあ言って聞かせてもらっちゃうと、もう全然リアルに戻れそうもないわたくしなのであった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

『さよなら絶望先生(第二、三集)』

着々とはまりつつある、久米田康治の『さよなら絶望先生(第二、三集)』(講談社)を読む。まっっったく面白くない!と連れ合いには不評だが、わたくしはかなり気に入っておる。細かく細かく書かれた、ちっちゃいが毒あるネタにくすくす笑っていたら殴られた。絶望した!マンガを読んで笑っているだけで殴られる我が家に絶望した!...なんつって、先生の真似して叫んでみるのもまた一興かと。あーこんなんでいいのかな、って感じの毎日っす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

『蛍の行方』

諸田玲子のお鳥見女房シリーズ第二弾、『蛍の行方』(新潮文庫)を読む。将軍の鷹狩りのための鷹場の管理をするお鳥見には、裏のお役目もあった。密命を受けて旅立った主の留守を笑顔で守る女房珠世。居候を含めた大家族の世話をしつつ心配事は絶えないが、辛い時こそ笑おうとでっかく構える珠世さんに惚れるね。お鳥見一家に幸あらんことを願いながら第三弾の文庫化を待つ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

バスケットマンですから

Jbl
←微妙なキャラクタの看板が泣かす!川崎のとどろきアリーナへ、東芝ブレイブサンダースVS日立サンロッカーズ戦を観に行く。バスケットボールの試合です、念の為。訳あって東芝応援席に座っていたが、ココロは日立....といいますか五十嵐圭。裏切り御免!でも裏切り者で悔いなし!!めっさ可愛かったよナマ圭...。足をケガしてるっぽかったのにとりあえず動き早いし。ナイスカットでナイスアシストでナイスシュートだし。ナイスプレーの数々におおっぴらに喜ぶことは出来かねるも(東芝側だからネ)、そんな状況すらドMちゃん的にはツボなのな。てへ。隣にいたおばちゃん達が、東芝のそこそこ二枚目・宮永(嵐・大野似...)に「かっこよくて毛穴開いちゃうー」ってきゃあきゃあ言ってたのが面白かった。開いちゃダメじゃん。
試合の結果は残念ながら、じゃなくて目出度く東芝の勝ち。しかしひっさしぶりにバスケの試合を観に行ったけど、やっぱりすこぶる楽しかったー。ミラクルプレイこそあんましなかったが、それどころか両方とも何かとダイジョブなのか?と心配になるようなチームだった気もするが、それでもバスケはイイ。機会があったらまた観たい、但し日立戦。自分、バスケットマンですから。えーっ、そうだっけ??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 3日 (金)

『世界の終わり、あるいは始まり』

歌野晶午の『世界の終わり、あるいは始まり』(角川文庫)を読む。残虐な手口の小学生誘拐殺人事件が近所で起こって、気の毒がったり憤ったり胸を痛めてはいても結局のところ他人事。自らの身にふりかからなければ己の小さな世界は平和だと思っていた男に、突如芽生えた息子への疑惑。そこを境に世界が少しずつ変わり始める...。事件が事件なので結構重い話であるが、なにしろ歌野晶午ゆえ一筋縄ではいかず夢中で読んでしまった。しかしうっすら怖いっすね。こんな話が虚構でなくなりつつありそうなとこが怖かった。うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

11月花形歌舞伎

花形歌舞伎を楽しみにするあまりなのか、自分が菊之助になった夢を見た。初日だっつうのに全然台詞が入ってなくて菊、往生す!という夢の中でも胃がキリキリ痛む内容だった。廃業するかと思ったよ...。つうわけで本日本当の初日!の花形歌舞伎を新橋演舞場へ観に行く。勿論菊はちゃんと台詞が入っていて立派であった。昼夜全部堪能したけれど、やはり私が圧倒されたのは菊之助の弁天小僧。愛らしいお嬢さんが実は盗賊弁天小僧であるっつう本性をあらわすその瞬間、”女子”を残しつつ伝法な口を叩くアンドロギュヌス的な妖しさと、芝居の役名とそれを演じる役者の名前が重なることからくるリアルとフィクションのボーダーレス感に、ちょっと倒錯した興奮を覚えた。今まで菊のことを好きだと思っていたけど、今までの好きさは一体なんだったの?ってくらい更に惚れたわたくしであることだ。嗚呼もう引き返せない...みたいな。
船弁慶は苦手な演目であるのだが(寝ちゃうから☆)、今日は最後までちゃんと観た!威張るな!知盛・菊ってばあんなに顔になんか書いてあるのにとてつもなく美しい印象なんすよ。ありえないっすよ。富樫・菊も凛々しく品があって冷静で、弁慶との掛け合いの場面は私はなーにを言っておるのか全然わからなかったけど、最後はチューしちゃいそうな勢いが良かった。
菊のことばっかし書いちゃったけど、元・三之助それぞれ皆グッジョブでした。海老蔵の忠信は面白いので、乞う御期待。これでいいの?って思わないでもないが。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »