« 『ハナシがちがう!』 | トップページ | 映画『パビリオン山椒魚』 »

2006年10月24日 (火)

『文壇アイドル論』

斎藤美奈子の『文壇アイドル論』(文春文庫)を読む。村上春樹、吉本ばなな、村上龍、林真理子、上野千鶴子など、80年から90年代の文壇のアイドルについて、その作品と彼らを評論した文献から彼らの”愛される理由”を独特の切り口で分析したもの。読んだ事がある作家だと特に楽しめるが、そうでない作家の章でもちょっと怖いもの見たさ的な好奇心をそそられる。だからと言って田中康夫を読もうとはあんまり思わないけど。斎藤美奈子さんには90年から2000年代バージョン(舞城王太郎とか)もぜし書いて頂きたいと思う。

|

« 『ハナシがちがう!』 | トップページ | 映画『パビリオン山椒魚』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/12418287

この記事へのトラックバック一覧です: 『文壇アイドル論』:

» 田中康夫のプロフィール [田中さんのブログ~田中美保・美帆・れいな・ロウマ・気象予報士の田中まや~]
田中康夫(たなかやすお) 平成期における日本の小説家、政治家。新党日本代表。前長野県知事。愛称はヤッシー。 学歴は一橋大学法学部卒業。学位は法学士(一橋大学)。 1956年(昭和31年)4月12日 - 東京都武蔵野市に生まれる。本籍は静岡県。 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 19時41分

« 『ハナシがちがう!』 | トップページ | 映画『パビリオン山椒魚』 »