« 『負け犬の遠吠え』 | トップページ | 『文壇アイドル論』 »

2006年10月23日 (月)

『ハナシがちがう!』

田中啓文の『ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺』(集英社文庫)を読む。金髪トサカアタマの不良少年・竜二が、元担任教師によって無理やり弟子入りさせられた先は上方落語の大看板・笑酔亭梅寿。飲んだくれで無茶苦茶な師匠の下で修行の日々を送るうち、徐々に古典落語の魅力にとりつかれていく竜二であったが、何故かちょこちょこ勃発する事件に巻き込まれ...みたいな話。落語ありミステリあり人情ありで、なかなかお徳感&読み応えたっぷりの一冊であった。ちょっと泣けたし。表紙の絵がいまひとつ購買意欲をそそらない(漫画化されたもののキャラクタらしい)のだが、それを理由に避けてしまうのは勿体無い秀作であります。

|

« 『負け犬の遠吠え』 | トップページ | 『文壇アイドル論』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111855/12386488

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハナシがちがう!』:

« 『負け犬の遠吠え』 | トップページ | 『文壇アイドル論』 »